最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« ライン(LINE)、実店舗やメディア、官公庁向けアカウント「LINE@」を12月上旬開設へ | トップページ | 2012年10月韓国&2012年11月台湾レポートその3ー韓国でも台湾でもユニクロは大人気 »

2012年11月28日 (水)

2012年10月韓国&2012年11月台湾レポートその2ー台湾にも韓国ファッションブームが来始めている!?

何だか忙しさが止まらないので、結論を先に書いてしまおうと思いますが、

今月上旬に台湾に行ってわかったことは、

台湾のセレクトショップには、

韓国の商品がかなり入ってきている、ということでした。

東区という、セレクトショップさんが沢山集まっているエリアに行ってショップスタッフの方からいろいろなことを教えて頂いた折にも、

「昔は台湾では日本のブランドが強かったけれど、最近はこの辺のお店には韓国のブランドがものすごく増えている」という言葉を耳にする状況で、

今や台湾にも、“韓国ファッションブーム”が巻き起こりつつあるんだろうな、ということを感じました。

日本でも、マークスタイラーさんとか、ファッション・コ・ラボさん、夢展望さんを始めとするネットショップさんなど、アンテナの立った方々が、価格の割に感度が良く個性的な韓国ブランドを紹介し始めておられますが、

こういう状況と全く同様の「来ている!」という空気を感じたんですよね。

先日、繊研新聞さんには、従来は日系ブランドが強かった台湾の百貨店にも、来春から韓国のブランドが導入される見込みとの報道もなされていましたが、

日本のブランドは、「相対的に非常に高い」「若さやとんがり、楽しさがなくなっている」という現実にあるということを認識し、手を打って行く必要があるように思いました。

Imgp2094

Imgp2153

Imgp2167

Imgp2169

Imgp2175

« ライン(LINE)、実店舗やメディア、官公庁向けアカウント「LINE@」を12月上旬開設へ | トップページ | 2012年10月韓国&2012年11月台湾レポートその3ー韓国でも台湾でもユニクロは大人気 »

コメント

か、韓国すごいんですね。。。

さくらさんとまったく同じことを言っている記事が今日出てました。

ユニクロまで韓国勢に負ける日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20121128/240266/

わたしは古着めぐりが好きで古着をよく見るんですが
たしかに109系ブランドのアイテムは
すべからく韓国製なんですよね。
なんで?とずっと思ってましたが、
これで謎が解けました。

韓国ブランドのアイテムもちらほら見ますが
デザインが日系ブランドにはないところを
攻めてるんですよね^^
え、そこにレース?そこにスエード?その形?
みたいなことがよくあります。
カワイイ!と思うことはあまりないんですが、
新鮮味があるのは確かです(笑)。

ゆき様、韓国は「メイドインコリア」でもウォン安のおかげで特に対日輸出ならば非常に割安感のあるものづくりが出来ますし、

テキスタイルのレベルは高く、なおかつ東大門に行けばクイックレスポンス可能、

他にも、ファッション産業に携わる方々のマインドの問題(IMF危機の際に韓国の商社から「脱藩」せざるを得なかった優秀な人材がゼロ年代以降の韓国アパレルの旗手になった、という話を聞いたことがあります。今もって、サムスンなど一部の大企業と中小の格差が大きな社会で、ファッション産業にチャンスを感じて頑張ろうという方々が多く、海外の有力校への留学生も今や日本を抜いて韓国の方が多数・・・という話を聞いています)、

国やサムスンなどの支援、

小国なので企業人もデザイナーも、最初から世界を目指している・・・ということなど、

最近の韓国ブームの下地になる要素はいろいろあると思っています。

感覚は、日本とは相当違いますよね。
(但し、日本よりも、中華圏の感性には近いように思いますので、韓国ファッションよりも日本ファッションの方が東アジア〜東南アジアに出ると「変わってる」という感じに見えるかも、と思っています)。

ここ3年ほどの間を見ても、日本のファッション業界も、最初から世界を見てビジネスを組み立てるように急激に変わりつつありますので、

(実際、私の周りの中小企業、個人デザイナーの方も、非常に多くの方が、今、「海外」を意識して動いておられますし、ご相談も非常に多いです)。

私自身は、ピュアヤング、ヤングのゾーンでも新しいやり方でアジアのスターになる日本企業、日本のデザイナーは必ず出て来ると思っていて、そんなに悲観はしておりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/48017245

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年10月韓国&2012年11月台湾レポートその2ー台湾にも韓国ファッションブームが来始めている!?:

« ライン(LINE)、実店舗やメディア、官公庁向けアカウント「LINE@」を12月上旬開設へ | トップページ | 2012年10月韓国&2012年11月台湾レポートその3ー韓国でも台湾でもユニクロは大人気 »