最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« NYコレ参加デザイナー達の2013AWのインスピレーション源は? | トップページ | エシカルコンシューム(倫理的消費)時代にマッチした2つの展示会ーててて見本市とCCJクラフト見本市(前編) »

2013年2月 6日 (水)

クラウドファンディング&宇多田ヒカル、AIなど音楽業界のソーシャル活用がテーマー<2/20>KFCネットマーケティングセミナー、募集中です

朝目覚めたら、雪、降っていませんでした。本日から展示会の方も多いと思いますが、良かったですね(^^)

さて、私が勤めている会社、国際ファッションセンター(株)で半年に1度開催しているKFCネットマーケティングセミナーを2月20日(水)午後6時半から開きます。


今回は、クラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」を家入一真氏と共に立ち上げた(株)ハイパーインターネッツ代表取締役・石田光平氏と、

宇多田ヒカル、AIなどのマーケティングプロモーションご担当の、株式会社EMIミュージックジャパンJ-Projectマーケティンググループ長(部長)・梶望氏の2名にご登壇頂きます。

お打ち合わせの内容も、非常に面白く(少し書き足したいことがあるので、後日もう1回今回の投稿を補足させて頂くかもしれませんが)、セミナー、とても聞き応えのあるものになると思っています。

ネットマーケティング、デジタルマーケティングにご関心のある皆様でしたら、どなた様でもご参加頂けます。まだお席には余裕がございますので、ぜひ奮ってお申込み下さい。

(お申込みは、国際ファッションセンター株式会社・産業支援ホームページのセミナーお申込み上からお願いいたします)。

<<<第8回KFCネットマーケティングセミナー>>>

◆テーマ1:「クラウドファンディング『キャンプファイヤー』ー新しい資金調達の手段」(1時間)

 

◆講師1:石田光平氏(株式会社ハイパーインターネッツ代表取締役)

◆テーマ2:「音楽業界におけるソーシャルの活用法」(1時間)

 

◆講師2:梶望氏{株式会社EMIミュージックジャパンJ-Projectマーケティンググループ長(部長)}

◆司会:伊藤みゆき氏(株式会社ウズリー代表取締役、KFCオンラインショップ研究会主任講師)

 

◆とき:平成25年2月20日(水)午後6時半〜8時半(午後6時開場)

 

◆ところ:国際ファッションセンタービル12F

    (地独法)東京都立産業技術研究センター墨田支所実習室

    (墨田区横網1-6-1)

*地図はコチラ↓↓↓

http://kfc-fashion.jp/archives/map/index.php

 

◆受講料:1名様につき1,500円

 

◆定員:70名様


*お申込み・お問合せ先:国際ファッションセンター(株)・産業支援部

TEL:03-5610-5800

http://kfc-fashion.jp/archives/2013/01/8kfc.html

« NYコレ参加デザイナー達の2013AWのインスピレーション源は? | トップページ | エシカルコンシューム(倫理的消費)時代にマッチした2つの展示会ーててて見本市とCCJクラフト見本市(前編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/49212996

この記事へのトラックバック一覧です: クラウドファンディング&宇多田ヒカル、AIなど音楽業界のソーシャル活用がテーマー<2/20>KFCネットマーケティングセミナー、募集中です:

« NYコレ参加デザイナー達の2013AWのインスピレーション源は? | トップページ | エシカルコンシューム(倫理的消費)時代にマッチした2つの展示会ーててて見本市とCCJクラフト見本市(前編) »