最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« ユナイテッドアローズの対談議事録「対談『竹田の社長就任初年度の振り返りと今後の見通し』」 | トップページ | 【2月23日(土)開催&終了】「3.11HIROBA〜Doつなぐ〜Vol.2」に行ってきました »

2013年3月 3日 (日)

「東京ガールズコレクション'13S/S」に行ってきました

1年振りに、TGCこと東京ガールズコレクションを見て参りました。

2年半振りに、横浜や埼玉ではなく、原宿の代々木第一体育館での開催ということで、たぶん会場は超満員だろうな、と予想していたんですが、

開始時間の3時前に会場前の歩道橋の上から会場を見て、「あれっ?」と一瞬思いました。

というのは、以前のように、会場をぐるりと半周するくらいの長い行列ができていなかったからです。

ただ、実際に会場の中に入ると、既に自由席はほぼ満席、通路部分に立って見ている人もいる状況で、行列が3時前にはほとんどなくなっていたのは、開場時間が午後1時と、かなり早かったからだろうなという風に思いました。

その一方で、当日券を求める人の列はかなり長かったので(やはり、横浜や埼玉とは違って東京の真ん中で若い人が多い場所なので)、昨年の様子と比べても、公式発表の3万3,200人は、あながち誇張ではないなと思います。

今回のTGCは、私が見ていない前回の2012年AW(第15回)の時と同様に

セブン&アイさんや、しまむらさんのブランドが参加しており、

本当に、リアルな日本のファッションマーケットの実情を反映した内容になっていました。

しかしながら、正直、私は自由席に座っていたんですが、周りのお客様からそういう激安系量販系のブランドさんの登場をどうこういう声は聞こえませんでしたし、

ファッション業界の人よりは、一般の方々はずっとナチュラルに受け止めておられるんだろうな、と思った次第です。

今日のステージの中で、歌手の西野カナさんが、「この中で20代の人」「高校生の人」と言って手を上げてもらうシーンがありましたが、

両方合わせるとざっと見た感じで6割以上は手が上がっている感じで、

今時の時代に、これだけの人数、ヤング(それも女性中心)が集まる大型のイベントは、やはり非常に貴重な存在だなという風に思います。

TGCの常連モデルの中でも、ツートップと称すべき、土屋アンナさんと山田優さんは相変わらず元気一杯でしたし、

ファッションと合わせて、旬の音楽をいろいろ堪能できるのも、TGCの大きな魅力なんですよね。

今回は、オープニングにシークレットゲストとして、安室奈美恵さんが登場!最初から一気に場内がヒートアップいたしましたし、

その他、西野カナさん(今回で3回目。以前はDJ OZMAがTGCの顔という感じでしたが、最近はすっかり西野さんがTGCの顔かも、といった感じになって参りました。今年はアジアツアーにも出られるとのことで、頑張って欲しいですね)、

GENERATIONS from EXILE TRIBE、m-flo、

そして、トリは、あのAIさん! ということで、

超人気アーティストのライブをこれだけ沢山聞けただけでも、もう、十二分に満足でした。

ファッションショーの中では、野口強さんのスタイリングによる、一番最初のショー「TGC SPECIAL COLLECTION」「スライラング(SLY LANG)」と、「ランズオブエデン(LANDS OF Eden.)」が良かったですね。

「TGC SPECIAL COLLECTION」は、白に絞り込んだコレクション。一番最初に出て来たモデルさんが着用していた白のワンピースは、まるで看護師さんの制服のようで(帽子もそんな感じなので)、一瞬どきっとしました。

その後も、白のワンピースやレースのコートなどが続き、同じ色でもこんなに様々なスタイルがあるんだなということを感じさせてくれる内容でした。登場したブランドも、モード系のブランドから、ギャル系、セレクトショップのオリジナルまであり、ファッション好きなヤングの興味が広がるような工夫がなされていたように思います。

「スライラング」は、わかりやすく、既存の「スライ」より若いターゲット向けのロックスタイルがGood、

「ランズオブエデン」は、いつもながらにBGMのセンスが良く、スタイリングの絶妙なさじ加減と、芸能人のうまい起用などでお客様の心に刺さることを考えた構成になっていました。こだわってこだわって作られたショーだなというのが伝わってきます。

(1年前の自分の書いたエントリー「TOKYO GIRLS COLLECTION 2012SPRING/SUMMERに行ってきました」を見ると、やはり「ランズオブエデン」さんのことを高く評価していましたね。ブログは、自分自身の備忘録にもなるので、やっぱりしっかり書かなきゃです)。

« ユナイテッドアローズの対談議事録「対談『竹田の社長就任初年度の振り返りと今後の見通し』」 | トップページ | 【2月23日(土)開催&終了】「3.11HIROBA〜Doつなぐ〜Vol.2」に行ってきました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/49806039

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京ガールズコレクション'13S/S」に行ってきました:

« ユナイテッドアローズの対談議事録「対談『竹田の社長就任初年度の振り返りと今後の見通し』」 | トップページ | 【2月23日(土)開催&終了】「3.11HIROBA〜Doつなぐ〜Vol.2」に行ってきました »