最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 合同展示会「N/E/W/S/T/D」、継続を望みます | トップページ | 2013年春の台湾「スーパーガールズフェスタ」、8,000名を集客し成功 »

2013年4月 1日 (月)

駆け出しブランドにとってグループ展は学びのチャンス

駆け出しのブランドさんが、

運良く、御三家(「コムデギャルソン」「イッセイミヤケ」&エイネット、「ヨウジヤマモト」)出身だったり、人気ドメスティックブランドから独立された方々と一緒に展示会をやっておられる、

もしくは、そういう展示会に混ぜてもらえる場合は、

他の方々のデザインは絶対に真似すべきではありませんが、

MDの構成がどうなっているのかということを筆頭に、

どういうビジネスのやり方をしているのかについては、大いに学ばせて頂くべきではないかと思います。

(うちの会社でお世話になっているどの先生方も、このことについては口を揃えて同じことをおっしゃられています)。

売れているブランドご出身の方は、うまいビジネスのやり方、勝ちパターンを会社から教わるか、もしくは仕事を繰り返すうちに無意識のうちに身につけておられることが多いです。

商品力で勝負しようと思っておられるのならば、やみくもに商品を増やす前に、売れているブランドと自社の違いをしっかり研究すべきなのではないかと展示会を見る度に私も感じています。

マーチャンダイジング(MD)を商品政策と訳す場合もありますが、もう1つ、商品計画と解釈する場合もあります。

この言葉通り、商品は“計画的に”企画、生産、販売していくものなのです。

« 合同展示会「N/E/W/S/T/D」、継続を望みます | トップページ | 2013年春の台湾「スーパーガールズフェスタ」、8,000名を集客し成功 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/51040573

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け出しブランドにとってグループ展は学びのチャンス:

« 合同展示会「N/E/W/S/T/D」、継続を望みます | トップページ | 2013年春の台湾「スーパーガールズフェスタ」、8,000名を集客し成功 »