最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 2013年5月シンガポールレポートその6ープラザシンガプーラは地元顧客も集まる優良商業施設 | トップページ | 2013年5月シンガポールレポートその8ー地元顧客がしっかりついているタングス(TANGS) »

2013年6月27日 (木)

2013年5月シンガポールレポートその7ーハイブランドが軒を並べるアイオン(ION)

5月17日(金)午後1時過ぎ、市内一の繁華街・オーチャードロードのどまん中までやって来ました。

こちらの交差点の一角、MRTオーチャード駅の真上に、ION ORCHARD(アイオン・オーチャード)という大型のショッピングセンター(SC)がございます。

アイオン(ついつい「イオン」と読んでしまいそうなんですが、発音は「アイオン」です)は、私が前にシンガポールを訪問した2008年5月にはまだ出来ていなくて、

2009年7月21日に開業しています。

1Fには、「セフォラ」「サンローラン」「ディースクエアード」「バリー」「フェラガモ」など、

土地の段差の関係で、事実上のエントランスフロアとなる2Fには、「ハリーウィンストン」「ブシュロン」「カルティエ」「ルイ・ヴィトン」「グッチ」「ディオール」「プラダ」「ジョルジョ・アルマーニ」、靴の「チャーチ」「エルメネジルド・ゼニア」など、

ラグジュアリーブランドのオンパレードでした。

お客様はそれなりには入っていて、ぽつぽつとは売れてはいましたが(前日夕刻のSCパラゴンよりは好調そうでしたが)、

それでも、正直、4月の上海よりパワーがないな、という風に感じました。

やっぱり、マリーナ地区と分散しているのか、それとも、不景気なのか、中国が特別で、これが普通の状態なのか・・・時間がなくて、今回、マリーナ地区で行けなかったのが悔やまれてなりません。

そしてこのSCでもやっぱり超満員だったのは、カフェ。暑いから、どうしてもお茶する回数が増えてしまうんだと思います。

このSCで面白かったのは、まず3Fの「envie de Pois」というセレクトショップ。こちらは、エレガントなドレス主体のセレクションで、見応えがあります。「ミュグレー」「メアリー・カトランズー」(最近力をつけておられますね)「オスカー・デ・ラ・レンタ」「ザック・ポーゼン」「アライア」などなど。私が知らないブランドも結構ありました。

3Fには、もう1店舗、異なるタイプのセレクトショップ「TyAN」もございました。

このショップさんの場合、比較的買いやすい価格帯の、ブランドのディフュージョンラインが多くて、「ヴィヴィアンタム」(品揃え多かったです。シンガポールは中国系の方が多い地域だからだと思います)、「ソニア・リキエル」「10 Crosby Derek Lam」「クラスロベルタカヴァッリ」「アクネ」など。セレクションは、日本だとちょっとミセス向けっぽく見えるかも、という感じにまとめてありました。

それから、3Fには、アジアのモダンアートを揃えたギャラリー「オペラギャラリー」がございます。こちらの取扱商品は、素晴らしいです。絵だけでなく、写真の作品にも、面白い切り口のものがございました。

4Fでは、アメリカのインテリア&ライフスタイルショップ「クレートアンドバレル(Crate & Barrel)」のアジア1号店を発見!私はアメリカに行ったことがないので、こちらのショップを見るのは生まれて初めてでしたが、白を基調にカラーコントロールが効いており、なおかつライフシーンを想起させるコーナーもうまく随所に盛り込まれた非常に美しいVMDで、感動いたしました。

たぶんゼロ年代の前半以前にこのショップを見ていたら、日本は衣食住のうち衣料偏重の傾向が強い国で、なおかつ長時間労働、暮らしを楽しむという発想からは遠かったですからもっと衝撃は強かったと思います。現在は、日本もむしろ食住の分野の方が元気になっていますし、妙なごちゃごちゃした柄などはついていないすっきりしたデザインの商品が主流になりましたので、「クレートアンドバレル」さんの世界に近づいてきたなと思いますが。

食器関係は、全体的にサイズが大きめなのでそのまま日本に、というと、ちょっと難しいかもしれないですね。

私がシンガポールに行っていた時は、同国のファッションウィークの週だったんですが、1Fのイベントスペースでは「アウディファッションフェスティバルシンガポール」関連の展示も行われていました。

写真1:入口にも「アウディファッションフェスティバルシンガポール」の表示が。

Imgp2405_2

写真2:「アイオン」のエントランス

Imgp2409

« 2013年5月シンガポールレポートその6ープラザシンガプーラは地元顧客も集まる優良商業施設 | トップページ | 2013年5月シンガポールレポートその8ー地元顧客がしっかりついているタングス(TANGS) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/52194035

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年5月シンガポールレポートその7ーハイブランドが軒を並べるアイオン(ION):

« 2013年5月シンガポールレポートその6ープラザシンガプーラは地元顧客も集まる優良商業施設 | トップページ | 2013年5月シンガポールレポートその8ー地元顧客がしっかりついているタングス(TANGS) »