最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 「リクチュール2013 0704〜服光〜」に行って来ました | トップページ | レオナルド・ディカプリオ氏のスター性が輝くー映画「華麗なるギャツビー」 »

2013年7月 9日 (火)

ブログ読者のご質問に答えて「就職先として都市型プレタ工場と地方量産型工場のどちらが良いか」

先程このページを開いたところ、若い読者の方からご質問の書き込みを頂いていることに気づきました。

ご質問は、来春専門学校をご卒業されるという女性の方からで、

「就職するには、こちらで紹介されているケーエム縫製さんのような都市型プレタ工場さんが良いのか、地方量産型の縫製工場さんが良いのか、相談したくて書き込みをさせていただきました。」

・・・という内容でした。

この方に限らず、就職活動に当たって、会社選びに悩んでおられる方は多いと思いますが、

私の意見は、

1)一般的な基準での「良い会社」を選ぶ目を持つ
ということと、

2)自分にとっての「良い会社」を選ぶ目を持つ

その2つの基準で選んだ会社群の中からベストミックスを見つけるのが良いのではないかというものです。

具体的にその話に入る前に、まず、この方は

日本の国内工場には、「都市型プレタ工場」と「地方量産型工場」があるという2分類をなさっておられるようですが、

もう1つ、「地方プレタ工場」というカテゴリーもございます。

地方にも、ハイエンドゾーン、ミドルアッパープライスのプレタの素晴らしい商品を縫製している優良な企業さんが存在するので、

そちらについてもしっかり情報を収集されることをお進めします。

またもう1つ、「海外の縫製工場への就職」という選択肢もある(それは初めから眼中にない、という方も多いとは思いますが)ということも頭においておいてください。

さて、本論ですが、

1)一般的な基準での良い会社、とは、

・売り上げ、利益が高い。
・給与が業界水準より高い。
・社内の整理、整頓、清潔が出来ている(PL法がらみの問題が発生しない安全・安心な工場になっている)。
・社員の平均年齢が若いか、高齢の方が多い場合も、皆前向きである。
・社員教育に力を入れている。その会社に勤務すれば縫製技術やCADの技術の習得、スキルアップが可能で、自分が成長出来る。
・チームワークが良く、皆でよりよい工場にしていこうという社風がある。
・価格以上の価値ある商品が縫製されており、結果として、お客様(発注元及びその先の消費者)に喜ばれている。
・福利厚生が充実している。
・結婚、出産しても会社が続けられるか、一時退社となっても再雇用や内職として働くことが可能である。

以上のような基準をクリアしている会社が「良い会社」ということになるでしょう。
私見ですが、上記の基準に照らし合わせてみた感じでは、「都市型プレタ工場の中にも、地方プレタ工場の中にも、地方量産型工場の中にも、それぞれ良い会社もあれば、そうでない会社もある」ように私は思っています。

もう1つ、2)の自分にとっての「良い会社」という判断基準が出て来た時に、

例えば、1)の一番目と二番目に上げた条件、

業界内での売り上げランキングとか、給与の問題とは別に、

現実の問題として、今、このご質問を寄せて下さった方がどこにお住まいなのか、どちらの地域ご出身なのか、いうことが浮上してくると思います。

寮に入ったり、下宿してまでしても、少し給与が高い会社を選ぶのか、

自宅から車で通える会社にするのか、

どうしてもその少し給与が高い会社から学びたいことがある、というのならばそちらを選択し、生活が苦しくても一定年数は頑張るという選択肢もあるでしょうし、

「家族を安心させる」「少しずつ貯金していく」ことを重視して、自宅から近いところにも良い会社があるのでは、という観点で、会社を探し直してみるのもよいかもしれません。

縫製工場さんの中には、定期採用を行っていないところも多いですが、「毎年何名かずつは採用する」というところもございます。定期採用を行っているような全国の有力な縫製工場さんは、都市型プレタ工場、地方プレタ工場、地方量産型工場を問わず、皆、優秀な人材を求めておられます。

学校の先生方や卒業生の方々などから情報収集したり、アパレル工業新聞、繊研新聞などの業界紙に掲載されているような工場さんにアタックされるなどして、頑張って下さい。

それともう1つ、繊維関連のものづくり企業の方々が多く参加なさっておられるユカアンドアルファさん運営のSNS「APC-NET」に参加してみられるのもよいのではないかと思います(学生さんでも、ファッション系で縫製業への就職希望の方ならばたぶんOKなのではないかと思います、もし間違っていたら申し訳ありませんが)。

ご質問者の方以外にも、同じような悩みを抱えておられる方は多いのではないかと思いますが、ぜひ前向きな気持ちを持って頑張って下さい!心から応援しています。

« 「リクチュール2013 0704〜服光〜」に行って来ました | トップページ | レオナルド・ディカプリオ氏のスター性が輝くー映画「華麗なるギャツビー」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/52369244

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ読者のご質問に答えて「就職先として都市型プレタ工場と地方量産型工場のどちらが良いか」:

« 「リクチュール2013 0704〜服光〜」に行って来ました | トップページ | レオナルド・ディカプリオ氏のスター性が輝くー映画「華麗なるギャツビー」 »