最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« ライン(LINE)、EC、音楽配信、ビデオ通話などを開始 | トップページ | 「ディエチ・コルソコモ上海(10 Corso Como Shanghai)」、9月中旬に正式オープン »

2013年8月22日 (木)

グーグルへルポーツ(Google Helpouts)は多言語間サービス可能な仕組みに進化して欲しい

さっき、WIRED.jpでこんな記事を見つけました↓↓↓



正直、知名度のある方がきっちりホームページを作って集客されれば、

スカイプ(Skype)を使って、「何分で何円ね」ということをきっちり決めて

ネット上でコンサルティングやノウハウ教授、ということは現状でも可能なんですが、

プラットフォームをこしらえるというのは、もちろんユーザーにとってもサービス提供者側にとっても利便性が高まることですし、

Googleさんにとっても、当然、YouTubeみたいに将来は広告を入れて行く、ということまで考えておられる上でのことだという気がいたします。

私がGoogleさんに期待したいのは、

出来れば、グーグルヘルポーツ(たぶんそう発音するんじゃないかと思いますが)を、日本語を話すとそれが英語に自動翻訳されて英語圏のお客様も獲得出来るとか、

多言語間サービスの仕組みを作って頂けないかな、ということ。

それが可能になれば、本当に、国境を越えたビジネスチャンスが一気に拡大しますよね。

1対多、は既に技術的に可能になっていると思いますが、例えば同社のサービスの1つ・グーグルハングアウト(Google Hangout)でも英語、中国語、韓国語などでうまく会話出来ず悔しい思いをしておられる日本人は多いはず。

Googleさん、よろしくお願いいたします。

« ライン(LINE)、EC、音楽配信、ビデオ通話などを開始 | トップページ | 「ディエチ・コルソコモ上海(10 Corso Como Shanghai)」、9月中旬に正式オープン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/52989431

この記事へのトラックバック一覧です: グーグルへルポーツ(Google Helpouts)は多言語間サービス可能な仕組みに進化して欲しい:

« ライン(LINE)、EC、音楽配信、ビデオ通話などを開始 | トップページ | 「ディエチ・コルソコモ上海(10 Corso Como Shanghai)」、9月中旬に正式オープン »