最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 「ミナ ペルホネン(mina perhonen)」×HIGASHIYAさんコラボ「野に咲く花のような菓し」 | トップページ | 英「エイソス(ASOS)」のC2Cサイト「ASOS Marketplace」のYouTubeチャンネル »

2013年9月 2日 (月)

「東京ガールスコレクション'13A/W」に行って来ました

昨日2013年8月31日(土)にさいたまスーパーアリーナで開かれた

TGCこと「東京ガールズコレクション'13A/W」に行って来ました。

今年の3月は会場が代々木第一体育館だったんですが、今回は会場がさいたま市。

時々TGCが開かれている横浜アリーナは自宅のある蒲田からだとまあまあ近いんですが、さいたまスーパーアリーナまでは1時間以上かかります。

今回は、終了時間が予定時刻より大幅に遅れ、午後10時15分までかかりましたので、ご自宅が遠いお客様は帰宅が深夜0時過ぎになったという方もいらっしゃるのではないかと思います。いやはや、お疲れ様でした。

会場が埼玉になったからということ、そして、CROOZさんとか、セブンアンドアイグループさんとの取り組みが影響しているのではないかと思いましたが、

前回の3月に比べて、若いお客様(特に10代)の比率が高まったのではないかと思いました。

それと、4Fの自由席は特に、女性の比率が高くて、9割は女性だったんじゃないかと思いました。カップルではなく、友達同士での来場が多い感じでしたね。

3月の時にもブログに書きましたが、10代のお客様にはイトーヨーカドーさんとか、しまむらさんのアベイルのショーはベストマッチだなという風に思いました。
私の隣の席の女の子達は、アベイルのショーが始まる前から、大型スクリーンに投射されたアベイルと提携しているアメコミのキャラクター達が投影されたのを見て、「アベイルだ!」と言ってましたし。都心よりも実店舗に行く機会が遥かに多い筈で、親しみを抱いているんだなという風に思いました。

逆に、ファッションビルで展開されているリアルクローズのブランド数は少なめで、やっぱりちょっと寂しいなと思いました。バロックジャパンさんと、マークスタイラーさんのランウェイチャネルの一連のブランド群がなかったら、イベントとして成り立たないな、という感じになってしまっています。

TGCさん自体の体制が変わったということも影響しているのではないかと思いますが、ブランドさん側も、最近話題になっているようにアラサー向けの新ブランドの開発には非常に熱心ですが、ナチュカジブームのどまん中にいた、ポストマルキュー世代の今の20代に向けての仕掛けはあまり見られない状況なので、こうなってしまうのは仕方がないのかな、と。

もう一つ、元気な塊のセレクトショップさんの場合は、元々ガールズフェス系にはそんなに熱心ではない業態だと思いますが、

本当に、ゼロ年代の末期以降、少子化と外資ファストファッションの影響をモロに受けたのは、日本のリアルクローズと呼ばれていたギャル系のゾーンなんだな・・・ということを、TGCを見ながらしみじみ思いました。

その分、最近のTGCでは、野口強氏のスタイリングによるハイ&ローミックスによるショーとか、WWDジャパンさんがプロデュースされたショーが光っています。

今回のWWDジャパンさんの、ニコラ・フォルミケッティー氏によるスペシャル・ステージは、特に良かったです!檀蜜さんが、バストが半分あらわになったセクシーなドレスに、ニコパンダのような黒白の配色の扇子を持って登場したり、「ミキオサカベ」「バルムング」「クロマ」「ハトラ」などなど、東京のストリートで人気の高いカッティングエッジなブランドを次々と登場させたりと、時代の空気感とファッションの楽しさを感じさせてくれるショーでした。

(あと、その前のステージ、今年が9周年だという「ナイン(NINE)」のショーも非常に良かったです。秋冬なのに白を基調にした打ち出し。エスニック×ストリート×モード、という高度なミックスコーディネート。他と同質化していない企画力はさすがですね)。

そしてトリは、お約束の、ジャニーズ・赤西仁氏の登場!特に1Fには、赤西クンのファンがかなり沢山いたのではないかと思ったのですが、進行が大幅に遅れたにも関わらず、早く退席するお客様の比率は意外と低くて、沢山のお客様がイベントを最後まで楽しんでいました。

とはいえ、今回は個人的には、ちょっと進行が緩すぎ、あまりにも時間オーバーしすぎ・・・と思うところがあったんですが・・・。そういいつつも、しっかり最後まで楽しませて頂きました。

« 「ミナ ペルホネン(mina perhonen)」×HIGASHIYAさんコラボ「野に咲く花のような菓し」 | トップページ | 英「エイソス(ASOS)」のC2Cサイト「ASOS Marketplace」のYouTubeチャンネル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/53112148

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京ガールスコレクション'13A/W」に行って来ました:

« 「ミナ ペルホネン(mina perhonen)」×HIGASHIYAさんコラボ「野に咲く花のような菓し」 | トップページ | 英「エイソス(ASOS)」のC2Cサイト「ASOS Marketplace」のYouTubeチャンネル »