最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« セレクトショップ「レーン・クロフォード(Lane Crawford)」の上海旗艦店が10月10日に開店 | トップページ | 『ファッション販売』12月号ネット通販座談会の司会をさせて頂きました »

2013年10月28日 (月)

ネット上のプレスルーム〜撮影用品リースサービス「スタイリー(Stylee)」

先週、ヒカリエでファッションの有力な合同展示会の一つ、「プラグイン」が開かれていましたが、

その会場で、面白いwebサービスを展開しておられる企業さんに出会いました。

会社名は(株)空色で、サービス名は「スタイリー(Stylee)」です。

このサービスは、アパレルや服飾雑貨などのオリジナルブランド(1点物も可能)が、1商品3,000円で、スタイリスト200名、編集部400箇所、ライター30名が閲覧できるサイトに掲載1か月間掲載してもらえるというもので、


メディアとのコネクションに乏しい小さなブランド、地方の企業などにとっては非常に有難いサービスなのではないかと思います。

空色さんが、どうしてこんなに沢山のメディアとのコネクションを持っておられるのかと言いますと、撮影スペースの運営や家具、小道具などのレンタルを行っているEASE(有限会社ピーセス)さんと提携してからなんですよね。

さらに、今年11月からは、料金体系を変更し、掲載無料、貸し出しが決まった場合1件1万円の料金が派生するコースと、特別枠の有料コースという2つのコースを作って、より多くの方に商品をアップしてもらえる形に変えていかれるというお話でした。

ちょっと特徴のある商品をお持ちの方など、駄目元でチャレンジなさってみられてはいかがでしょうか?

このサービスについて気になるのは、在庫を空色さんやEASEさんが預かる訳ではないので、登録者によってレスポンスのスピードや対応に差が出て来るだろうという点です。特にスタイリストさんが急いでおられる場合がちょっと心配なところなんですが(アマゾンに対する、楽天の欠点と同じですね)。

とはいえ、これまで、広告がからんでいる商品は別として、それ以外の部分は「スタイリスト側が足で歩いて集める」ことはあっても、「中小ブランド側がアピールする」「金銭的に軽い負担(→11月からは無料コースもあり)で掲載してもらえる」という仕組みがなかった分野に、新しい仕組みを提案しておられるのは、非常に画期的で、面白い試みなのではないかと思います。

先日NY発の展示会やファッションショーのスケジュール管理のwebサービス&アプリ「GPS Radar」についてご紹介いたしましたが、

ネットの世界は現在成熟し、大きなビジネスチャンスは減っているのではないかと思うところがございますが、ニッチで狭い特定分野のB2Bのカテゴリーの問題解決を図るwebサービスというところに関しては、まだまだビジネスチャンスだらけなのではないかと思います。

« セレクトショップ「レーン・クロフォード(Lane Crawford)」の上海旗艦店が10月10日に開店 | トップページ | 『ファッション販売』12月号ネット通販座談会の司会をさせて頂きました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/53743566

この記事へのトラックバック一覧です: ネット上のプレスルーム〜撮影用品リースサービス「スタイリー(Stylee)」:

« セレクトショップ「レーン・クロフォード(Lane Crawford)」の上海旗艦店が10月10日に開店 | トップページ | 『ファッション販売』12月号ネット通販座談会の司会をさせて頂きました »