最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« あなどれないぞ、ニトリのクリスマスグッズ | トップページ | ユニクロが東南アジアの10人のデザイナーとTシャツデザインでコラボ »

2013年12月16日 (月)

吉祥寺「ラウンダバウト」「アウトバウンド」のオーナー・小林和人氏が台湾にライフスタイルショップ「赤峰28」をオープン

台湾の線上誌(MOT/TIMES)というウェブマガジンを見ていて、

思わず「あっ!」と声を上げてしまいました。

吉祥寺の人気セレクトショップ、というか、アパレルや服飾雑貨だけでなく生活雑貨や家具などインテリア&ライフスタイル関連商品をシンプルでちょっと辛口な男性目線の品揃えで取り扱っておられる、

「ラウンドアバウト(Raundabout)」「アウトバウンド(OUTBOUND)」のオーナー・小林和人氏が、12月7日(土)、台湾の台北市に、「赤峰28」というライフスタイルショップをオープンされたのだそうです。


(筆者訳:記事の見出しは、「日本のセレクター(バイヤー)『小林和人』は『小器』ではない、台北に生活雑貨店を開店?」)→この見出しの意味を推測するに、(1)本文の書き出しの当たりに「小気」=中国語で「ケチ」という単語が出て来ますが、それと、器を沢山取り扱うお店なので「小器」の意味を重ね合わせているのではないか?(2)小林和人氏のお店「赤峰28」の比較的近くに、台北では有名な器のお店「小器」があるらしいので、そのお店と比較しているのかも?

写真が何枚も掲載されていますが、まさに、日本の「ラウンドアバウト」「アウトバウンド」を彷彿とさせるような、選び抜かれた商品だけを置いてある素敵な空間になっていますね!

記事によると、「赤峰28」は1Fが嶺貴子さんという日本人のフラワーアーティストの方が手掛けたフラワーアレンジメントとフォグリネンの商品など、2Fは日本の「ラウンドアバウト」「アウトバウンド」のような品揃えで、3Fは日本の「studio m」というブランドの茶器、食器、お鍋などの陶磁器、4Fはワークショップなどが開催できるような多目的スペースになっているのだとか。

私が台湾に行って見た実感ですが、「ラウンダバウト」「アウトバウンド」さんのように日本でお客様に支持されているショップさんブランドさんは、台湾でも十二分に通用するのではないかと思います。

特に、家具は別として、元々アパレルのデザイナーズブランドなどよりは1点単価が低く、定番性の高い生活雑貨に関しては、チャンスは大きいと思います。

単にモノを売るのではなく、オーナーのフィロソフィーや日本の生活文化の素晴らしさを、是非台湾の地に少しずつ広げていって頂きたいなと思います。頑張って下さい!

« あなどれないぞ、ニトリのクリスマスグッズ | トップページ | ユニクロが東南アジアの10人のデザイナーとTシャツデザインでコラボ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/54280759

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥寺「ラウンダバウト」「アウトバウンド」のオーナー・小林和人氏が台湾にライフスタイルショップ「赤峰28」をオープン:

« あなどれないぞ、ニトリのクリスマスグッズ | トップページ | ユニクロが東南アジアの10人のデザイナーとTシャツデザインでコラボ »