最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 地方出身企業ならではの戦略ー地方路面3店からスタートするクロスカンパニーの「コエ」 | トップページ | ファッションのパワーダウンを知名度高い芸能人でカバー!?ー東京ガールズコレクション(TGC)2014S/Sに行って来ました »

2014年2月25日 (火)

日本初の大型メンズファッションイベント「THE BLACK SENSE FESTIVAL」に行ってきました

一昨日の日曜日(2月23日)の話で恐縮ですが、

メンズ雑誌の『SENSE』さんが代々木第一体育館で開催されたイベント「THE BLACK SENSE FESTIVAL」に行って参りました。

ご承知の通り、私は東京ガールズコレクションなどのガールズファッションイベントにはかなりまめに足を運んでいる方ですが、

自分の知る限りでは、百貨店さんの店内ではない、大きな体育館などの場所で、メンズに特化したこれだけ大掛かりなファッションイベントが開催されたのは、恐らく日本初ではないかと思います。

主催者発表では、このFASHION HEADLINEさんの記事にある通り、8,000名となっておりますが(2階席、3階席には最初は誰も座らせないようにしておられましたので目算は難しかったのですが)、例え実際はもう少し少ない人数だったとしても、それでも、あれだけ数多くのお客様が集まっておられるのを見て、本当にびっくりしましたし、なおかつ感動いたしました。

このイベントは今月号の『SENSE』を購入している方なら、中にはさみこまれているチケットを切り取って持参すれば入場無料だったのですが(私も『SENSE』を買ってチケットを切って持っていったのですが)、

受付が「チケット持参者」「招待客」「auスマートパス当選者」の3つに分かれていたんですが、私が見ている間、「招待客」と「auスマートパス当選者」は本当に数名しかいなくて、9割以上の方がチケットを持っておられたので、凄いなと思いました。

なおかつ、並んでいる方々の多くが、「たぶんファッション業界の方じゃないな」と思えたのが、非常に新鮮でした。

表現が妥当かどうかわからないんですが、普通に生活なさっておられる方はそんなに、完ぺきにお洒落な訳でもないし、いろいろなルール、制約から自由でもないんですよね。

だからこそ、逆に、自由な空気とか、反逆の魂とかを感じさせてくれるファッションに憧れるんじゃないか・・・そんな気がしたんですよね。

自ら誌面にも登場される守谷編集長と、部下の方々が作り上げておられる世界観に共感したり憧れたりしておられるファンの方が沢山いらっしゃるんですよね。見た感じ男女比は男性6割〜6割5分、年齢的には(ステージの中で「○○歳代の方」と手を挙げさせる一幕があったようなんですがそのシーンは目で見ることが出来ていないんですが)、入場前の行列を見た感じでは、「実際にこの雑誌に掲載されている商品の購買層よりも、来場者は若そうだな」と。20代から30代前半、それに10代後半で、黒っぽいファッションに身を包んだ方が多かったです。

そして、女子は、見た目の女子力の高そうなタイプの方(こういう方の方が実は男前なキャラだったりする)は少なくて、包容力高そうな方(外見とは逆に、ひそかにモテるタイプ)が多そうというか、いつものガールズイベント系の雰囲気とはかなり空気感が異なっていました。たまに、女性でもレザーのジャンバー&黒のジーンズ&黒ブーツ=全身黒系で固めている方もいらっしゃいました。

イベント自体の感想ですが、

1.ショーが非常に良かった。特に、ミュージシャンの清春氏の生ライブをBGMにした「LOVELESS」などのショーと(1発目の「Born to be wild」が、非常に刺さりました。清春氏、本当にいい声ですね!)、「マスターマインドジャパン×SENSE」のショー(これでもかこれでもかというくらい凝った商品が登場するのに圧倒された。DJと管弦楽団をバックに従え、コレクションブランドらしい貫禄を見せつけてくれました)が素晴らしかった。

2.飲食が充実しているのが良かった。(私は飲みませんでしたが)ビールなども販売されていたし、ハーゲンダッツのアイスやクリスピードーナツなど、無料で配布されている物も、かなり数が多く皆さんに行き渡っているようだった。

3.ゲストミュージシャンが素晴らしかった。午後6時半頃までしか会場にいなかったので全員のライブは聞いていないが、清春氏、GENERATIONS from EXILE TRIBE共非常に気合いが入っていたと思うし、唄、演奏、ダンスパフォーマンスの上手さが群を抜いているなと思った。

4.マセラティなどの車、ハーレー・ダビットソン(バイク)やタグ・ホイヤー(時計)などアパレルや服飾雑貨以外の商品のコーナーがあったのは面白いなと思ったが、ファッションのコーナーが『SENSE』さん自体のアレンジしたブースと、伊勢丹メンズのブース以外は数も少なく、面白みにも欠けていたのが残念だった。『SENSE』に載っているようなブランドさんはそこまで規模が大きくない会社の個性派ブランドが多く、今はシーズンの立ち上がりなのでお忙しいだろうから単独で出展されるのは難しかったのだろうが・・・。新作ではない商品とすぐに買えない商品が多かったのも非常に残念だった。

5.最初、会場の2F、3Fには上がれないようになっていて、なおかつアリーナには椅子が全くないため、座れないのが非常に辛かった。(仕方がないので、時々地べたに座って休憩しました。他にも、私と同じように地べたに座っている人をかなり見かけました。帰り際にふと上の方を見ると、2F席にぱらぱらと人が腰掛けている様子だったので、途中から上にも上がれるようにされたのかな?と思ったのですが)。

しかし、改めて感じたのですが、イベントの目玉が『SENSE』さんと「マスターマインドジャパン」さんのコラボ商品で、それ目当ての方も数多くお見えになっていたようで・・・「マスターマインドジャパン」が休止してしまったら、「メイドインジャパンのドメスティックブランドで、価格も付加価値も欧米のスーパーブランドと同等かそれ以上のものが欲しい」と思っておられるこのブランドさんのファンの皆さんは、一体何を買ったら良いのでしょうかね。

正直、『SENSE』さんの今回のイベントも、1つは伊勢丹さんの協力、もう1つは「マスターマインドジャパン」の存在なくしては成り立たなかったのではないかという気がして、ものすごく考えさせられるところがありました。

(ということは、裏を返すと、ここにビジネスチャンス、クリエーションのチャンスがある、ということだと思います。私なんぞがえらそうに申し上げるような立場ではありませんが、皆様、いいものを作りましょう。がんばりましょう!!!)

« 地方出身企業ならではの戦略ー地方路面3店からスタートするクロスカンパニーの「コエ」 | トップページ | ファッションのパワーダウンを知名度高い芸能人でカバー!?ー東京ガールズコレクション(TGC)2014S/Sに行って来ました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/55137942

この記事へのトラックバック一覧です: 日本初の大型メンズファッションイベント「THE BLACK SENSE FESTIVAL」に行ってきました:

« 地方出身企業ならではの戦略ー地方路面3店からスタートするクロスカンパニーの「コエ」 | トップページ | ファッションのパワーダウンを知名度高い芸能人でカバー!?ー東京ガールズコレクション(TGC)2014S/Sに行って来ました »