最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 三陽商会、『バーバリー』のライセンス契約終了を発表 | トップページ | CFDAが初めて「Fashion Instagrammer of the Year Award」に選んだ人は? »

2014年6月 2日 (月)

楽天カフェ、1号店が渋谷公園通りにオープン

オムニチャネルという考え方は、実店舗での実績や知名度がある企業さんがネットショップを後で開設したケースで語られることが多いように思うんですが、

5月29日(木)に渋谷公園通りにオープンした楽天カフェさんは、その逆のケースです。

楽天市場で販売しているスイーツが食べられるカフェだということです(アパレルだとショールーミング、という考え方もありますが、スイーツを"見てるだけ”は返って顧客不満足になりますよね)。

それプラス、楽天カードで決済すればコーヒー、紅茶がいつも半額であるとか、

IT系企業さんらしく、Wi-Fiが日本最高レベル、全席電源確保(これは、超ウレシイですね!)、楽天傘下の電子ブックリーダー「kobo」で雑誌が読み放題等々の、時代性に合ったサービスが提供されています。

画像で見る限りでは、スイーツが、一般的なケーキ屋さんのものと異なり、上にソースが掛かったりフルーツが載っていたりといった体裁ではなく、「ネットで取り寄せたまんま」という感じに見える=最後の仕上げというか、ひと手間ふた手間が加えられていないように見えるのが、ちょっと気になりますが(送料が載っているためだと思うので、価格も高い気がします)。

東洋経済ONLINEの記事によると、多店舗展開も検討中(少なくとも2015年夏には二子玉川にも2号店をオープン)とのことですが、

既存のリアル発の飲食業態とは異なるユニークなコンセプトのお店だと思いますので、ぜひうまく軌道に乗せていって欲しいなという気が致します。

« 三陽商会、『バーバリー』のライセンス契約終了を発表 | トップページ | CFDAが初めて「Fashion Instagrammer of the Year Award」に選んだ人は? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/56379734

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天カフェ、1号店が渋谷公園通りにオープン:

« 三陽商会、『バーバリー』のライセンス契約終了を発表 | トップページ | CFDAが初めて「Fashion Instagrammer of the Year Award」に選んだ人は? »