最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月23日 (月)

湘南に新オープンの「ブレスホテル」内にプロジェクションマッピングが体感出来る部屋が開設

インテリアの情報サイトinterior-joho.com さんで見つけたニュース↓↓↓


この部屋が設けられるのは、湘南にこのほど新しくオープンする「ブレスホテル(BREATH HOTEL)」さんの中だとのこと。

リゾート地のホテルさんでは、構造上どうしても外の景色が見えない部屋は景色のよい部屋より価格を下げて販売、というのが従来の営業手法ですが、

そういう部屋の中にウリを作った、この発想は本当に凄いな、と思います。

プロジェクションマッピングは、この分野では多数の実績を持つ(株)ネイキッドさんの手によるものだとか。

屋外や大型のイベント会場などで離れたところから見るのとはまた異なる、迫力ある仕掛けになっているんでしょうね。

五感を刺激される、新しい宿泊体験の提供。非常に興味深い試みですね!

2014年6月16日 (月)

ZARA、中国で今秋「天猫(Tmall)」に出店開始へ

香港のファッションニュースサイト「FASHIONMAG.MAG」の記事によりますと、

「ZARA」が今秋から、アリババが運営する中国最大級のB2Cモール「天猫(Tmall)」への出店を開始すると明言したとのことです。

「天猫(Tmall)」及び同じくアリババが運営するC2Cサイト「淘宝(Taobao)」の売上高は絶好調で、この記事の中に出て来る「ASOS」や「バーバリー」なども業績が良いとの報道が中国のネットニュースにでも報じられていますので、

既に自社通販サイトは中国でも展開済みの「ZARA」ではありますが、

魚がものすごく沢山泳いでいる海に釣船を出すのは、当然の判断かと思います。

2014年6月10日 (火)

中小企業と大手・海外企業のマッチングサイト「J-GoodTech(ジェグテック)」を中小機構が間もなくオープンへ

中小機構さん発のこのサービスのことは、伺っていたような記憶があるんですが、

すっかり忘れてしまっていました。

本当は今年4月オープン予定だったようですが、間もなくローンチされるみたいです↓↓↓


実際に、どんな業種にどの程度の引き合いがあるのか、ファッション系の中小企業に合うような大企業や海外企業がどのくらい登録されていくのかわかりませんが、

ひとつ考えられるメリットとしては、

こういう公(おおやけ)系のホームページというのは、Googleのページランクが非常に高いんですよね。

なので、そこから自社サイトにリンクが貼ってもらえるというだけでも、中小企業にとってはプラス価値は非常に大きいと思います。

(別に回し者ではございませんが・・・笑)。

2014年6月 9日 (月)

CFDAが初めて「Fashion Instagrammer of the Year Award」に選んだ人は?

CFDA(米国ファッションデザイナー協議会)が、

初めて、「Fashion Instagrammer of the Year Award」を選出しました。

さすがはアメリカ、ネット上での新しい動きに対するファッション業界の反応のスピードが早いですね。

8名の候補者に対しWeb上(CFDAの公式ホームページ及びCFDAのInstagramアカウント)での一般投票を行ってウィナー(勝者)を選ぶ方式をとっていたようですが、

アワードに選ばれたのは、@GuyNamedPatric さんです。

彼へのインタビューが、米国版のELLEのサイトに掲載されていますので、ご覧下さい。

この話題は、中国最大級のファッション業界向けニュースサイト・中国服装網にも掲載されていました。

実際にInstagramをやっておられる方ならおわかりかと思いますが、このサービス、中華圏でもかなり利用されておりますし(ハッシュタグ#の後のキーワードが中国簡体字、繁体字で投稿されているケースがかなりあるので)、

ファッションのブランディングやマーケティングにとって、最も重要なのはビジュアルでの訴求で、そこには言葉の壁、国境はないことを中国の方々も感じているからだと思います。

2014年6月 2日 (月)

楽天カフェ、1号店が渋谷公園通りにオープン

オムニチャネルという考え方は、実店舗での実績や知名度がある企業さんがネットショップを後で開設したケースで語られることが多いように思うんですが、

5月29日(木)に渋谷公園通りにオープンした楽天カフェさんは、その逆のケースです。

楽天市場で販売しているスイーツが食べられるカフェだということです(アパレルだとショールーミング、という考え方もありますが、スイーツを"見てるだけ”は返って顧客不満足になりますよね)。

それプラス、楽天カードで決済すればコーヒー、紅茶がいつも半額であるとか、

IT系企業さんらしく、Wi-Fiが日本最高レベル、全席電源確保(これは、超ウレシイですね!)、楽天傘下の電子ブックリーダー「kobo」で雑誌が読み放題等々の、時代性に合ったサービスが提供されています。

画像で見る限りでは、スイーツが、一般的なケーキ屋さんのものと異なり、上にソースが掛かったりフルーツが載っていたりといった体裁ではなく、「ネットで取り寄せたまんま」という感じに見える=最後の仕上げというか、ひと手間ふた手間が加えられていないように見えるのが、ちょっと気になりますが(送料が載っているためだと思うので、価格も高い気がします)。

東洋経済ONLINEの記事によると、多店舗展開も検討中(少なくとも2015年夏には二子玉川にも2号店をオープン)とのことですが、

既存のリアル発の飲食業態とは異なるユニークなコンセプトのお店だと思いますので、ぜひうまく軌道に乗せていって欲しいなという気が致します。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »