最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 「クリツィア」を買収した「マリスフロログ(Marisfrolg)」は中国の有力プレタブランド | トップページ | ネットショップ「アンジェ」(会社名:セレクチュアー)のクックパッド傘下入りの目的は集客 »

2014年8月12日 (火)

ザハ・ハディド氏設計による香港初の建築物「香港理工大学の創新楼」

台湾のメディア線上誌さんで見つけたニュース

日本でも、新国立競技場の設計についての国際コンペで最優秀賞を受賞したということで、一躍一般の方々の間でもメジャーになった、建築家ザハ・ハディド氏の設計による建築物が、

香港で今年3月に竣工したとのこと。

香港理工大学の「創新樓」です。

記事の中に「不規則的な流線設計」という表現が出て来ますが、それがザハ氏らしいデザインなんですよね。

これぐらいの規模感の建物ならば、高コストなザハ氏のデザインでもそこまでの負担感はなかったのではないかと思いますが、

2020年の東京オリンピックに向けて、ザハ氏の設計案でそのまま行くかどうかについては、反対論が根強いようですし、解体業者さんの決定も遅れているようです。

土地の持つ歴史や自然環境に配慮し、多目的での使用に耐え、オリンピック終了後のことまで視野に入れた、日本らしいコンパクトで調和のとれたデザインが望ましいのかも? そもそも、新築ではなく、リノベーションという方法もありかもしれないし。「創新樓」の画像を見ながら、ちょっぴりそんなことを考えました。

« 「クリツィア」を買収した「マリスフロログ(Marisfrolg)」は中国の有力プレタブランド | トップページ | ネットショップ「アンジェ」(会社名:セレクチュアー)のクックパッド傘下入りの目的は集客 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/57056519

この記事へのトラックバック一覧です: ザハ・ハディド氏設計による香港初の建築物「香港理工大学の創新楼」:

« 「クリツィア」を買収した「マリスフロログ(Marisfrolg)」は中国の有力プレタブランド | トップページ | ネットショップ「アンジェ」(会社名:セレクチュアー)のクックパッド傘下入りの目的は集客 »