最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月25日 (火)

「ESPRIT DIOR(エスプリディオール) ディオールの世界」を見てきました

3連休最後の今日(というか、もう昨日ですが)、銀座に赴き、「ESPRI DIOR(エスプリディオール) ディオールの世界」の展示を見て参りました。

この展示は、美術館などが主催する第三者的な視点からキュレーションされたものではなく、「ディオール」自体が100%自己資金で主催しておられるものなので、

当たり前のことですが、「クリスチャンディオール」のブランドイメージの向上が目的となっているように感じました。

そして、その目的は、会場が手狭に感じられるくらい沢山のお客様が熱心に展示をご覧になっておられるお姿を見る感じでは(8割5分は女性客でしたが)、十二分に達成されているのではないかと私は思いました。確実に、「ディオール」のセールスへのフィードバックもあるのではないかと思います。

内容の肝になっていたのは、(1)ブランドの創設者であるムッシュ・ディオールと現在のデザイナーであるラフ・シモンズの対比(アバンギャルドではなく、王道のエレガンス、品格を打ち出したリブランディング)、(2)日本へのオマージュ、(3)地下で職人さん達の実演を行っていましたが、ブランドの品質と感性を支える手仕事、ものづくりの技術のレベルの高さ・・・この3点でしょうか。

50年代のドレスと最近作が一緒に並べられていましたが、過去のアーカイブも決して古さを感じさせるものではなく、壁面に書かれていたムッシュ・ディオールの言葉通り、「女性を美しく、幸せにする」服だという風に感じました。

ドレスや服飾雑貨、化粧品などの現物だけが並べられていたとしたら、今回の展示はこれほどまでにエモーショナルなものにはならなかったのではないかと思います。

PATRIC DEMARCHELIER氏の数々の写真が、モデルやロケーション、構図も含めて「ディオール」の美しい服に勝るとも劣らないしっかりとした組み立てで撮影されており、婦人服は女性が袖を通した時に初めて価値を生むものであること、服飾の美は女性美と一体となって生み出されるものであることを実感させてくれました。

中国人の観光客の方々も多い立地で、展示物への解説やパンフレットの中国語版が用意されていなかったのが、ちょっぴり残念でした。

2014年11月16日 (日)

クックパッドが「特売情報」の小売業向け有料サービス開始を決定

日本最大のレシピサイト「クックパッド」さんをチェックしておられる女性の方は非常に多いと思いますが(私自身もその1人ですが)、

先日ついに、2015年3月から、「特売情報」の小売業(GMS、スーパー、ミニスーパーなど)向けの有料サービスを開始するというニュースリリースが発表されていました。

同社の持つ情報が、小売業の商品計画や商品展開計画、販促計画の立案にとって大いに役立つものであることは言うまでもありません。これもビッグデータの活用事例の1つだと言えると思います。

「クックパッド」さんの「特売情報」には、近隣店との価格比較が出来るという、価格比較サイトに近似した要素プラス、商品とレシピがひもづけられている{=買って来た商品の多くは調理してから使用、すなわち、胃袋の中に入る(笑)ので、}という2つの要素があるところが面白いんですよね。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »