最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 通販新聞公式ホームページのファーフェッチについての記事 | トップページ | ベトナム・ホーチミンの美しい建築物「The Chapel」 »

2015年2月 9日 (月)

武蔵小杉の商業施設(武蔵小杉東急スクエア、ららテラス武蔵小杉、グランツリー武蔵小杉)を見て来ました

昨日の日曜日(2015年2月8日)、生まれて初めて武蔵小杉駅に降り立ち、駅前の3つの商業施設(駅に近い側から武蔵小杉東急スクエア、ららテラス武蔵小杉、グランツリー武蔵小杉)を見てきました。

ららテラスは、ららぽーとよりは小型の商業施設さんですし、

グランツリー武蔵小杉は、西武百貨店の平場や、イトーヨーカドーのインテリアリビング売り場、アカチャンホンポやギャローリア、ビジネスエキスパートなどIY関連の売り場面積がかなり広く取られていることもあって、

準郊外型の商業施設さんに入っていてもおかしくないテナントさんがこの地域ではいろいろと導入されていないなと思いました。

グランツリー武蔵小杉は、独自性が強いSCになっていますね。人口が多いエリアで(まだまだ増えるという話ですし)、今日も非常に多くの来街者を集めていました。堅実に売り上げを上げていくのではないかと思います。

こちらのSCさんに限った話ではないのですが、最近飲食のゾーンにびっくりするくらい単価の高いお店が増えて来ており、「これで本当に繁盛するの?」という風に感じる所があるんですが、グランツリー武蔵小杉の1Fにもそういうお店が何軒かございました。

ファッション関係では、3施設合わせて、パル・グループさんとトリニティアーツさんの存在感が高かったですね。

武蔵小杉東急スクエアさんの5Fと6Fには川崎市立中原図書館が入っていて、平日は連日午後9時まで営業なさっておられるようです。今日も非常に多くの方が出入りしていましたが、これは街として非常にポイントが高い!お家賃がもう少し安いエリアだったら、私も住みたいな、と思いました。

« 通販新聞公式ホームページのファーフェッチについての記事 | トップページ | ベトナム・ホーチミンの美しい建築物「The Chapel」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/58868448

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵小杉の商業施設(武蔵小杉東急スクエア、ららテラス武蔵小杉、グランツリー武蔵小杉)を見て来ました:

« 通販新聞公式ホームページのファーフェッチについての記事 | トップページ | ベトナム・ホーチミンの美しい建築物「The Chapel」 »