最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月27日 (月)

香港に行って来ます

今夜の羽田発深夜便で、香港に行って来ます。

戻りは、4月30日(木)の深夜になります。

最近バタバタで、ブログが更新出来ておらず申し訳ないのですが、先月の上海に続いて、収穫の多い旅にしたいと思っています。

向こうはもう暑いと思いますので、一足早い夏の気分を味わって参りますね。

続きを読む "香港に行って来ます" »

2015年4月13日 (月)

アップルウォッチ(Apple Watch)に思う

まだ現物は見に行けていないんですが、

アップルウォッチ(Apple Watch)って、たぶんレディスとメンズの区別がないんですね。

まあ、確かに、一般的なスポーツウォッチの例を見ても、メンズレディスの差はないユニセックス商品になっているのでそれでもOKかと思うんですが、

もしも仮に、メンズとレディスを別に発売していたとしたら、

例えばパーソナル情報と好みの異性のタイプをアプリに入力しておくと、

好みの異性が側に近づいてきた折に知らせてくれる、なんて楽しい機能が考えられるような気がします。

こんな機能があったらいいな、と思えるのは、

買いたい商品を入力しておくとその商品が置いてあるお店の近くで知らせてくれるとか、

アップルウォッチユーザー同士で鬼ごっこやゲームが出来るとか、

それから、スマホの待ち受け画面やアイコンが違うデザインに変えることが出来るみたいに、時計の画面のインターフェイスもいろいろ変えられるようにするとか。。。

個人的には、月曜日から金曜日までのワーキングデイと、週末はインターフェイスを変えてみたいなと思うんですよね。

IoTの商品は全てそうなんですが、アップルウォッチも、発売されたときが完成形ではない、というところに興味をそそられます。位置情報システムや、ゲーミフィケーションの要素をどんどん取り入れていくと、面白い時計として、育っていくのではないかと思います。

2015年4月 7日 (火)

苦境に立つジーンズカジュアル専門店向けアパレルーアウトバーンさんの破産に思う

先日、カジュアルアパレルのアウトバーンさんが破産しましたが、

ジャーナリストの南充浩さんがおっしゃっておられる通りですね。残念ですが、まだまだ厳しくなってくると思います(リンクさせて頂きました)↓↓↓

卸売り型カジュアルメーカーの破綻はまだまだ続くー南充浩の繊維産業ブログ

アウトバーンさんの同業他社さんで先を読む力のある企業さんは、

自らSPA化してファッションビルやショッピングセンター(SC)内への出店を進めるか、

EC(ネットショップ)に注力するか、

あるいは、その両方を進めておられるように思います。

今から、というのは、円安によるコストアップの問題もあるので非常にしんどいだろうと思いますが、

B2Bではよい売り先がつかめないのならば、直接消費者に売って行く、というのが自然な考え方だろうという気が致します。

2015年4月 6日 (月)

【東京・両国】4/8(水)夜、マーキュリーインベストメントワン代表取締役・三浦雄一郎氏の中国ファッションECセミナーを開きます

久々にセミナーのご案内です。

私が勤めている会社、国際ファッションセンター(株)主催で、

有限会社マーキュリーインベストメントワン代表取締役・三浦雄一郎氏のセミナー

中国のECマーケットの現状~微信(Wechat)がファッションEコマースの購買行動を変えていく!」(受講料:一般5,000円、KFCオンラインショップ研究会会員4,000円)を、

4月8日(水)午後6時半〜8時半に、国際ファッションセンタービル12F・(地独法)東京都立産業技術研究センター墨田支所セミナー室にて開催致します。

三浦さんは、私が知る限りでは、たぶん日本で一番、中国のファッションECに詳しい方です。

何やら、KFC史上最高となるかもしれないくらいの大量の資料をご用意下さっているようで、私自身もワクワクしながら開講を心待ちにしています。

本日午後8時の時点で、まだ空き席が11席ございました。お申し込みされたい方は、国際ファッションセンター(株)・産業支援ホームページ上のセミナーお申し込みフォームからお願いいたします。

http://www.kfc-fashion.jp/semi_form

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

続きを読む "【東京・両国】4/8(水)夜、マーキュリーインベストメントワン代表取締役・三浦雄一郎氏の中国ファッションECセミナーを開きます" »

2015年4月 5日 (日)

面白いけど惜しい!ファッションサンプルECサイト「SampleBank」

繊研新聞さんでもこのサイトさんの記事を読んだような気がするんですが、

商品化されなかったアパレル製品のサンプルを販売する「サンプルバンク(SampleBank)」さんというサイトがサービスを開始しておられます↓↓↓

◆ファッションサンプルECサイト「SampleBank

ぱっと見て思ったんですが、何のブランドさんのサンプルなのか書かれていない時点で、かなりしんどいな、という感じですね。

検索エンジンにも引っかからないし、一般消費者の方々の中にも、ブランド名がなければ正直なところ自分に合うかどうかが判断できない、という方が多いのではないかという気がしますので。

それに、手間隙かけてたった1点のサンプルをサイト上にアップして上がる売り上げのことを考えると、企業さんが手掛けるビジネスとしてはかなりしんどいんじゃないかなぁと・・・。

このサイトを見て瞬間的に思ったのは、商品化されなかったサンプルの画像をアパレルブランドさんが自社のコーポレイトサイトもしくはECサイトの中に掲載して、

ファンの人気投票の結果で復活させる(「復刊ドットコム」さん、とはちょっとコンセプトは異なりますが)というのはありかもなと。

「復刊ドットコム」さんの名前を出しましたが、もっというと歴史の長いブランドさんの場合は過去のベストセラーの画像を掲載し人気投票の結果により復活、というのもありだろうと思います。

サンプルの販売は、正直、同業他社(国内プラス、海外も含めて)に対して行う、というのが一番効率的かも、という気もしています。お値段も高くして、場合によってはオークションの仕組みを取り入れてみてもよいかもですね。

着眼点は面白いサービスかと思いましたが、さくら的には現時点ではちょっぴり残念な感じを受けるサービスでした。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »