最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 台湾でデザイナーズブランドの合同展「NIce Neighbor」がスタート | トップページ | ウェアラブル端末、眼鏡型よりも腕時計型が良い理由&アップルウォッチ、私の評価 »

2015年9月19日 (土)

2016年春、「MIYAKE ISSEY 展:三宅一生の仕事」が国立新美術館で開催

暫く展覧会巡りから遠ざかっていましたが、久々に心から「行きたい」と思える展覧会の情報を目にしました↓↓↓


日本を代表するデザイナー、三宅一生氏の約45年に亘る仕事を紹介する展覧会「MIYAKE ISSEY 展:三宅一生の仕事」が、2016年3月16日(水)から、6月13日(月)まで、国立新美術館で開かれるとのこと。

三宅氏のデザインは、暗黙のうちに形成されているファッションデザインの概念、「洋服をデザインする」という範疇に留まらず、「服を纏う、装うとはどういうことなのか」という本質を掘り下げ、マテリアルから開発を行い、デザインを通じて新しい文化的価値を創造したところに、意義があるように感じています。

他とは異なる、本当のオリジナルですよね。

三宅氏のフィロソフィーが、現在の「ISSEY MIYAKE」ブランドのデザイナー・宮前義之氏にしっかりと受け継がれ、リングプリーツなどの開発によってブランドに勢いが出て来ている時期の開催で、

グッドタイミングだと思います!

見逃すことがないよう、早めに足を運ぼうと思います。

di

« 台湾でデザイナーズブランドの合同展「NIce Neighbor」がスタート | トップページ | ウェアラブル端末、眼鏡型よりも腕時計型が良い理由&アップルウォッチ、私の評価 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/61683195

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年春、「MIYAKE ISSEY 展:三宅一生の仕事」が国立新美術館で開催:

« 台湾でデザイナーズブランドの合同展「NIce Neighbor」がスタート | トップページ | ウェアラブル端末、眼鏡型よりも腕時計型が良い理由&アップルウォッチ、私の評価 »