最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 国際ファッションセンター(株)が11/11(水)にSWBSでプレゼンします | トップページ | amazon.comがハンドメイド商品を販売する「Handmade at Amazon」を開始 »

2015年10月 8日 (木)

ミナペルホネンとリチャードジノリが伊勢丹新宿店限定コラボ「Bee White」を発表

国内最大級の家具サイト「TABROOM」さんからの情報↓↓↓


元々リチャードジノリは高級品で、伊勢丹新宿店さん1店舗のみの限定品なので、更に高級感が増していますが、

ジノリの質感にミナペルホネンさんの意匠がぴったりマッチした、上品な愛らしさのある商品で、とても素敵ですね!

どのくらいの数量を発注されたのかと思いますが、ミナペルホネンには熱烈なファンがついていますので、売り切る自信があっての企画ではないかと思います。

このイベントは、通常ファッションのラグジュアリーブランドなどのプレゼンテーションと販売が行われている伊勢丹新宿店本館1Fのザ・ステージで開催されるということで、狭義のファッションにとどまらず、ライフスタイル全般の質の向上に向けての提案、企画力の勝負の時代だなぁ、今は、ということをしみじみ感じました。

ところで、ミナペルホネンといえば、北欧のイメージが強いんですが、リチャードジノリは北欧食器ではなく、イタリアのブランドです。

リチャードジノリ社は2013年に倒産しており、グッチ(GUCCI)の傘下で再建されたとのことのようです。過去のアーカイブの文化的価値も高いブランドが蘇って良かったですね。

« 国際ファッションセンター(株)が11/11(水)にSWBSでプレゼンします | トップページ | amazon.comがハンドメイド商品を販売する「Handmade at Amazon」を開始 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/61962216

この記事へのトラックバック一覧です: ミナペルホネンとリチャードジノリが伊勢丹新宿店限定コラボ「Bee White」を発表:

« 国際ファッションセンター(株)が11/11(水)にSWBSでプレゼンします | トップページ | amazon.comがハンドメイド商品を販売する「Handmade at Amazon」を開始 »