最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« YNAP(Yoox Net-a-Porter)が2016年春に2サイトを閉鎖 | トップページ | 日本アパレル・ファッション産業協会の取扱い表示検索システム »

2015年11月24日 (火)

フランク・ゲーリー氏の建築についての2つの展覧会をはしごしました

(台湾の話題、なかなか書き進められておらずすみませんが、もう1日お待ち下さい)。

3連休最終日の11月23日(月)は、ルイ・ヴィトン表参道店内のエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催中の「フランク・ゲーリー/フォンダシオン ルイ・ヴィトン パリへ捧げるーー現実となった夢」と、六本木の21_21DESIGN SIGHTのフランク・ゲーリー展」をはしごしました。

特に、21_21の方の展示内容は、久々、自分の中では大ヒット、面白さに大興奮しました。

実は、20年くらい前、フランク・ゲーリー氏のことを初めて知った頃は、例えばグッゲンハイム美術館ビルバオなどの写真を見ると、「この建物、複雑な仕様になっているけれど、大丈夫なんだろうか」と感じてしまって、どちらかというと苦手系の建築家だったんですが、

エスパスと21_21内で、ゲーリー氏が1体の建築物を手掛けるに当たって、アイデアを練り込むために非常に数多くのモックを製作していることを知り、感銘を受けました。

そして、コンピューターテクノロジーの進化をフルに活かし、コストと時間の削減、環境負荷軽減等のシミュレーションが可能になったことで、まさに、ゲーリー氏がやりたいこと=複雑な構成美を有する建築物が続々と実現するようになったのだ、ということも、よくわかりました。

ご経歴を見ると、ゲーリー氏は50歳を過ぎてから建築家として名を馳せたようです。今年で御年86歳のようですが、年を経るごとに益々精力的にご活躍なさっておられるようで、本当に素晴らしいことですね!まさに、時代がやっとゲーリー氏に追いついてきたのかな、という印象を受けます。

ゲーリー氏と、ファッションデザイナー、三宅一生氏の関わりについてですが、ゲーリー氏は三宅氏の作品からインスピレーションを得ていたのだ、ということがわかる展示もございましたし、

2001年に竣工した、tribeca ISSEY MIYAKE NEW YORK(トライベッカ イッセイ ミヤケ ニューヨーク)の店舗は、フランク・ゲーリー氏の設計によるものです。

21_21さんの展示は、三宅一生氏なのか、三宅氏の意を汲む方々のフィルターでセレクトされた内容で、常にデザインの本質を問う企画内容になっており、骨太で筋が通っていて、常に見応えがありますね。今日も若い方々で非常に賑わっていました。

i

« YNAP(Yoox Net-a-Porter)が2016年春に2サイトを閉鎖 | トップページ | 日本アパレル・ファッション産業協会の取扱い表示検索システム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/62650144

この記事へのトラックバック一覧です: フランク・ゲーリー氏の建築についての2つの展覧会をはしごしました:

« YNAP(Yoox Net-a-Porter)が2016年春に2サイトを閉鎖 | トップページ | 日本アパレル・ファッション産業協会の取扱い表示検索システム »