最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 繊維業界紙「繊維ニュース」一面コラムのタイトル「ごえんぼう」の意味は? | トップページ | ネットニュース「BOF-The Business of Fashion」に中国版が存在した »

2015年11月 8日 (日)

ムック本『pen+台湾カルチャークルーズ』が面白い

今週末から台湾に行くので、

雑誌『pen(ペン)』のムック本『pen+台湾カルチャークルーズ』を買い求めて読み始めたら、

これが非常に面白くて、1日でほぼ一気に読み終えられそうです(あと数ページなので、このブログを書いてから最後まで読んで寝るつもりです)。

この種の特集は、だいたいがグルメと観光と最新のカルチャースポットの紹介で軽くまとめられているケースが多いですが、

『pen+』には、短編小説が掲載されていたり、歴史(すなわち政治)の話など、今の台湾の根っこにあるものを骨太に追求しており、非常に読み応えがありました。

いつも展示会がらみで向こうに行くことが多いので、実はまだ台北以外の場所に行ったことがないのですが、いずれはゆっくり台中、台南にも行ってみたいですし、

建築物なども見て回りたいなと思います。

台湾で人気のグラフィック・デザイナー、アーロン・ニエ(Aaron Nieh)氏が、「どんな仕事でも、パソコンの前に座って2時間で完成します」(同誌より引用)と言っておられたのにも感心しました。

『pen+』を読んでいてちょっとショックだったのは、以前私のブログでもご紹介させて頂いた、今年の春に開かれた代官山蔦屋書店×M.MAG台湾フェア「絆 KIZUNA」をプロデュースされた、台湾の出版社MPX代表のセン(銭)さんが、

「今年のはじめ、出版社を続けるべきか悩んでいた」(同誌より引用)と語っておられたことです。

その後の九州→蔦屋書店への旅で雑誌を作り続けることを再度決意する、というストーリーにつながっていくのですが、

『M.MAG』のような良い雑誌を作っておられる企業のトップが悩まれるほど、やはり、どの国でも紙の出版の状況は極めて厳しいんだろうなと思いました。

センさん=M.MAGさんには、弊社がサポートしている方々が2年前にお世話になったのですが、私のような者が語るのも僭越なのですが、非常に良いお仕事をなさっておられる企業さんだと思います。

アウトプット(表現)の方法が変わったとしても、独自の視点に立った「編集」という作業の価値は継続していくと思います。今後も頑張って欲しいですね!

« 繊維業界紙「繊維ニュース」一面コラムのタイトル「ごえんぼう」の意味は? | トップページ | ネットニュース「BOF-The Business of Fashion」に中国版が存在した »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/62425840

この記事へのトラックバック一覧です: ムック本『pen+台湾カルチャークルーズ』が面白い:

« 繊維業界紙「繊維ニュース」一面コラムのタイトル「ごえんぼう」の意味は? | トップページ | ネットニュース「BOF-The Business of Fashion」に中国版が存在した »