最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 「n゜11(ナンバージュウイチ)」がブランド休止 | トップページ | アートのレンタルサービス「ART STAND(アートスタンド)」 »

2015年11月 1日 (日)

日本の元「ヴェットモン」→「サンヴェットモン」は休止していた

「パリ・コレクションでデムナ・ヴァザリア氏の新進ブランド『ヴェトモン(VETEMENT)』が注目されている」という記事を見る度に、

90年代の終盤〜ゼロ年代の中頃にかけて日本の東京コレクションで活躍しておられた、水野直昭氏の「ヴェットモン(VETEMENT)」のことを思い出していました。

スポンサーが離れた後、ご自身のブランド「サンヴェットモン(SAINT VETEMENT)」として再スタートされたという報道を目にして、嬉しく思っていたのですが、

その後また、「サンヴェットモン」の話を耳にすることはなくなっていました。

今、ネットで検索をかけてみたところ、ショップが代々木上原から中目黒に移転した後、やはり休止になってしまっているようです。

元「ヴェットモン」のことは、レディスファッションにご関心のあるアラフォー以上の年代の方ならたぶん皆さんご存知のはずです。水野氏は、クリーンで美しい服を作られる方でした。才能のある方のように感じていたので、残念でなりません。

一度ブランド名を変えて復活された時、嬉しかったのでこのブログに書いた記憶があったのですが、ネット上で検索をかけると、やはり自分の投稿が上位に出て来ました。

ファッションの移ろい易さ、儚さを改めて感じています。

« 「n゜11(ナンバージュウイチ)」がブランド休止 | トップページ | アートのレンタルサービス「ART STAND(アートスタンド)」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/62305993

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の元「ヴェットモン」→「サンヴェットモン」は休止していた:

« 「n゜11(ナンバージュウイチ)」がブランド休止 | トップページ | アートのレンタルサービス「ART STAND(アートスタンド)」 »