最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月26日 (火)

H&Mさんにお願い〜ECサイトでは大きいサイズの在庫の充実を

4月14日、ついにH&Mの公式ECサイトが日本でもオープンしました。

サイトのレイアウトは、全世界統一の仕様になっているようで、

正直、商品の見せ方にしても、ユーザビリティにしても、そんなに優れているとは思わないのですが、

ブランド自体にパワーと知名度があるので、すぐにそこそこの売り上げは上げていかれるのではないかと思います。

中国や台湾では既に実店舗があるのに日本には未上陸の「H&M HOME」(中国語だと「H&M家居」)も、公式ECサイトにはしっかりアップされています。

ひとつ残念だったのは、H&Mさんに関しては、日本人で小柄な方には一番小さいサイズでもちょっとまだ大きいかな、という問題もあると思うんですが、

ヨーロッパの店舗などに行くと、スカートだと32サイズから46サイズまでということで、大柄な方向けのサイズ展開は非常に充実しているんですが、

今、実際に幾つかのページをクリックしてみると、

売り切れて在庫がない状態なのか、そもそもその型番ではそこまでのサイズは展開していないのか、あるいは日本にはそのサイズは始めから入れていないのか、理由はわかりませんが、

ほとんどの商品で買える状態になっているサイズの上限は、42(ウエスト80、ヒップ104)までです。

それでも日本サイズの15号だからいいんじゃない、というご意見があるかもしれませんが、

実は、ヨーロッパのパターンは、ウエストの太さに対してはヒップが小さめで、

日本的な「出っ尻体型」(私もまさにそうなんですが・・・汗)の女性にとっては、

ウエストはOKでもヒップや太もも部分がきつい、ということになってしまいます。

通常の店舗だと、ロスの多い大きいサイズは、目的買いも多く、日本全国が商圏となるECだからこそ取り組み易い分野。

地方の方などでH&Mさんの大きいサイズに期待しておられる方もいらっしゃると思います。ぜひ、思い切った品揃え&プロモーションなどの施策を!お願いいたします。

2016年4月17日 (日)

熊本で発生した地震でお亡くなりになられた皆様、心よりお悔やみ申し上げます

熊本で発生した地震でお亡くなりになられた皆様、心よりお悔やみ申し上げます。

昔、九州には仕事で行っていた時期があり、その頃お世話になった熊本や大分の小売業の方々のことが、胸を過ります。

余震が続いている間は、まずは身の安全の確保が大切かと存じます。避難所におられる方、寒い時期ではないのでまだよいかと存じますが、ストレスを溜められませんように。

日本は地震大国、人ごとではありません。助け合いの大切さを改めて感じると同時に、全国どの地域でも、もしもの時への備えが必要だと痛感致しました。

2016年4月 4日 (月)

「イッタラ×イッセイミヤケホームコレクション」が発売

北欧の人気リビングウェアブランド「イッタラ(Iittala)」が、

日本を代表するファッションのデザイナーブランド「イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE)」とコラボし、


(詳しくは、tabroomさんのこの記事で)。

ガラス・陶磁器製品に比べて、テーブルクロスなどの布物(繊維製品)の価格が割高に感じられますが、

恐らくファブリックにプリーツ加工が施されたり、ひとひねり効いたデザインになっているからだろうと思います。

コンテンポラリーで、飽きのこないデザイン、色使いが素敵ですね。

コラボもよいのですが、「イッセイミヤケ」単独でホームファッションのコレクションを発売されてもいいんじゃないかな、という気がいたしますね。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »