最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 熱量の高い品揃えと店づくり、接客に感動ーーユナイテッドアローズ六本木店 | トップページ | アクタスの「デザインミュージアム・デンマークのバイヤーが選んだ『売れている北欧雑貨100』」のPOP UP SHOP »

2016年9月26日 (月)

スズキタカユキ氏出演のTV番組「情熱大陸」を見て

過去の人生で二度、デザイナーのスズキタカユキ氏とニアミスしたことがあります。

一度目は、2000年代の前半、表参道で開かれていた合同展会場で。

その展示会にどういう経緯でそのころはまだファッション業界内にあまり人のつながりを持っていなかった私が呼んで頂けたのかは忘れてしまったのですが、人気、実力共に高いブランドさんばかりが集められていて、非常に緊張しながら入場した記憶があります。

その中で忘れ難いほどのエネルギー、クリエーションの独自性を感じたのが、アクセサリーブランドの「ヨシコクリエーション」と、「スズキタカユキ」でした。

ナチュラル系がブームになるよりも随分前に登場していた鈴木氏の服は、単に天然素材を用いて着易いシルエット=イージークロージングに仕立て上げた前者の多くの商品とは異なり、

染め、汚し、ディテールへのこだわりが随所に施された繊細で技巧的なドレスで、「儚い」という言葉がぴったりの美しい服でした。

ファンの方々がスズキ氏の服を渇望する気持ちが、展示された商品の数々を見て、非常によくわかるなと思ったのを覚えています。

二度目は、2012年11月、PR01.さんが初めて台湾の台北でroomsLINK TAIPEIを開催された際の、ファッションショー/ライブペインティングです。

この時は、ご本人自らが筆を持ち、モデルさんが着用した白いドレスに墨で柄を描いておられました。

定められた時間がたぶん満了してしまったのであろうという時になっても、納得がいくまで何度も何度も服の上に墨絵を描き続けるスズキ氏。納得がいくまで時間をかけ、手を動かし、創作に打ち込んでおられる姿に圧倒されました。

先程、TBS系列のTV番組「情熱大陸」で、スズキタカユキ氏の最近の仕事ぶりや、インドネシア進出の様子を拝見し、

知恵を絞り、手をかけ、とことん良い服を作る、という姿勢が、

今も全く変わっておられないことに、非常に感銘を受けました。

仕事へのオファーを、前向きに受諾され、期待されている以上の結果を出しておられることも、

周りから「またスズキさんにお願いしたい」と思ってもらえる理由なのではないかと思います。

ウエディングドレスの仕事と、インドネシアの仕事に共通しているなと思ったのは、自分の美意識、表現したいことを一方的に相手に押し付けるのではなく、

相手の求めておられるものとの落としどころを探り、満足してもらえる商品を作っておられるところです。

良い番組でした。スズキタカユキさんの、ますますのご活躍を、心よりお祈りしています。

« 熱量の高い品揃えと店づくり、接客に感動ーーユナイテッドアローズ六本木店 | トップページ | アクタスの「デザインミュージアム・デンマークのバイヤーが選んだ『売れている北欧雑貨100』」のPOP UP SHOP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/67664280

この記事へのトラックバック一覧です: スズキタカユキ氏出演のTV番組「情熱大陸」を見て:

« 熱量の高い品揃えと店づくり、接客に感動ーーユナイテッドアローズ六本木店 | トップページ | アクタスの「デザインミュージアム・デンマークのバイヤーが選んだ『売れている北欧雑貨100』」のPOP UP SHOP »