最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 左手の手のひらの下の骨にヒビが入ってわかったこと--家事は確実に省力化可能になっている | トップページ | 謹賀新年2017--過去と訣別し目の前の今のお客様を見つめることからしか商売は始まらない »

2016年12月25日 (日)

2016年末に思う--新しい芽はヤングから生まれる

2016年も今日を入れてあと1週間で終わりですね。

インバウンドの爆買いが去った後のファッション業界にとっては、リーマンショックの直後以上に、非常に厳しい1年だったように思います。

従来型の考え方、やり方が通じなくなり、お客様の大きな塊が価格に対して価値が高く、オムニチャネルで情報発信とファン作りをしっかり行っているユニクロ、ジーユー、MUJI、ロープライスSPAやセレクトショップなどの限られたブランド、ショップに集中しているように見えますが、

今年、ヤングの圧倒的な支持とSNSの力で、ピコ太郎や「君の名は。」が大ヒットしたように、

新しい時代の芽はやはりヤングが生み出していくように私は思っています。

よりパーソナルな、個の欲求、個の趣味、個のスタイルに合ったファッションを提供、あるいは消費者と
一緒になって創造する仕組み。そして、小さくとも趣味や思いを同じくする作り手と買い手のコミュニティ。

2017年もコスパの高い商品はビッグカンパニーで買って賢く着回すという流れは変わらないでしょうが、ファッションテックの発展が育む個に即した新しいカタチのファッションビジネスの胎動に期待しています。

« 左手の手のひらの下の骨にヒビが入ってわかったこと--家事は確実に省力化可能になっている | トップページ | 謹賀新年2017--過去と訣別し目の前の今のお客様を見つめることからしか商売は始まらない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/68987300

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年末に思う--新しい芽はヤングから生まれる:

« 左手の手のひらの下の骨にヒビが入ってわかったこと--家事は確実に省力化可能になっている | トップページ | 謹賀新年2017--過去と訣別し目の前の今のお客様を見つめることからしか商売は始まらない »