最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« NYのアイウェア通販ブランド「ワービーパーカー」がハロウィンコスチュームのアドバイスサービスを実施 | トップページ | ファッション業界の2大イシューに立ち向かうスタートゥデイの「ZOZO」「ZOZOSUIT」 »

2017年11月12日 (日)

PR TIMESがリリースした2つの動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」に思う

11月8日(水)にPR TIMESさんが発表した2つの動画PRサービス


(リンク先はCNET JAPANさんの同サービスについての記事です)。

スマホで動画視聴が当たり前となった今の時代にマッチしていると思います。

「PR TIMES LIVE」の方では、記者発表当日に欠席だった記者向けにオンラインで取材が完結する仕組みを提供されるそうですが、

「PR TIMES」さんのような、文字ベースでのニュースリリース配信サイトが登場したときから、

メディアの存在意義というのがかなり問われるようになっていた(リリースのコピペがネット上に数多く拡散される)という状況になっていると思うんですが、

文字起こしまで「PR TIMES」さんにやって頂いて、それでは一体記者さん達は何をやるの?という感じですよね。

マスコミの、裏の現状がバレバレ、という感じで、何か笑えます。

ひとつ思ったのは、テキストと画像から作成された動画も、LIVE配信も、「PR TIMES」さんの公式ホームページとSNSの公式アカウントからの発信は行われますが、

記者発表を行った企業さんのホームページやSNS用としてのデータの提供はどうやら行われないみたいで、

それが、ちょっと残念ですね。

「編集・制作 PR TIMES」の但し書き付きで企業さんの方でもそのまま活用できれば、もっと便利だと思ったんですが、どうなんでしょう?

« NYのアイウェア通販ブランド「ワービーパーカー」がハロウィンコスチュームのアドバイスサービスを実施 | トップページ | ファッション業界の2大イシューに立ち向かうスタートゥデイの「ZOZO」「ZOZOSUIT」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« NYのアイウェア通販ブランド「ワービーパーカー」がハロウィンコスチュームのアドバイスサービスを実施 | トップページ | ファッション業界の2大イシューに立ち向かうスタートゥデイの「ZOZO」「ZOZOSUIT」 »