最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月25日 (日)

C2Cハンドメイドマーケットプレイスの「tetote」、「minne」に統合、終了へ

「テトテ(tetote)」は、元々は懇意にさせて頂いているOCアイランド(株)さんのサービスでしたので、残念なんですが、

GMOペパボさんに同社が買収されたときから、いずれは統合されちゃうのかな、という予感はありましたので、時代の流れだなぁ、という気がしています。


「テトテ」は今年(2018年)6月25日を以てサービス終了なんだそうです。

2018年2月18日 (日)

スタートトゥデイ研究所、「ZOZOSUIT」より簡単、低コスト、高精度な体型計測アイデアを「3億円で買い取る」と募集

「ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)」、送られて来るのは半年から8か月以上も先、ということで、

「ゾゾスーツ」そのものを作るのも大変だし、

たぶん、体型測定のためにいちいち「ゾゾスーツ」を着るのも面倒だし、

なおかつ、どのくらいゆとりのあるサイズかわかりませんが、太ってしまうと一度取り寄せた「ゾゾスーツ」自体が着られなくなってしまって、又別の「ゾゾスーツ」を取り寄せなければならない・・・

つまりは、「結構、大変でめんどくさい」代物らしい、という印象がありましたが、

「よりよいアイデアがあれば乗り換えちゃおう」というのは、大正解だと思います↓↓↓

ニュース/スタートトゥデイ研究所、アイデア買い取り第1弾を発表ーー(株)スタートトゥデイ公式ホームページ

この素直さ、このスピード感が、ゾゾさんらしくて、いいですね。

「朝令暮改」ではなく。「朝礼朝改」は、ネットビジネスの鉄則でしょう。

2018年2月12日 (月)

試着と試食&チョコのセレクトショップが欲しいです

試着と試食って、似ている言葉のように見えるけど、実際の中身は結構違うなと、女性客で賑わう百貨店のバレンタインデー向けのチョコレートの特設売り場の様子を眺めながら思いました。

洋服を試着する、という行為は、結構面倒で、実店舗では試着後の決定率以前に、まずフィッティングルームの中に入って頂く、というのがかなり大変だったりいたします。

ネットショップの場合は、試着は更に大きな障害になるため、それこそ、ゾゾタウンのゾゾスーツを始め、IT/IoTの技術を駆使してその問題をクリアしようという試みが盛んに行われている、というのが、現在の状況です。

それに対し、試食には、売り場にお客様を引き込むデモンストレーション効果があり、なおかつ、軽い気持ちで食べてみて美味しければ来店前には買う気がなかったのについ購入、という衝動買いを誘う効果もあります。

但し、試食の強みが出るのも主として実店舗で、ECの場合は少量の試食サンプルをお送りするという方法もありますが、自宅で冷静になれる環境下で、しかも、購入というアクションを起こすまでにパソコンやスマホなどを操作する、という時間のかかるプロセスが必要なため、やっぱり実店舗中心になっちゃうかな、ということだと思います。

話は変わりますが、百貨店さんのお菓子売り場で、国内外の有名なチョコブランドや日本では知られていなくても美味しいチョコレートなど複数のブランドが例えば1社1粒ずつ計6粒とか8粒セレクトされて入ったBOXが発売されたらいいのに、と思います。

いわゆる、「チョコレートのセレクトショップ」、というイメージなんですが。

「パンのセレクトショップがあるらしい」という記事を、昨年日経MJさんで読んだ記憶がありますが、チョコレートに関しては、聞いたことがないように思います。

私には子どもの頃、「4種類の味が1箱の中に入っている」不二家さんのルックチョコレートの存在を初めて知った時、ものすごく感激した記憶があります。

皆さんも、いろいろなお店のチョコを、少しずつ食べ比べしてみたいと思われませんか?百貨店さんには、そういう消費者の夢を、かなえてくれるお店であって欲しいなという気が致します。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »