最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月25日 (火)

セルフレジ×キャッシュレス化で、2019年はレジ待ち行列はさらに解消へ

2018年は、食品系の売り場や駅のKIOSKなどで、

セルフレジやセルフ精算機を見かけることが急激に増えたように感じています。
人手不足への対応と、行列の解消を狙っているのでしょうが、皆さん何度か自分でやってみることをご経験されると、手慣れた様子でサクサクとレジ作業をこなしていかれるようになっており、効果が出ているように思います。
今のところ、まだ1回も、「レジが調子悪くなった」といったトラブルが発生しているらしき状況を見かけたこともありません。
レジ関連の話では、もう1点、気になっていることがあります。
それは、"ペイペイ祭り"以降、アップルペイ、アマゾンペイに加えて、LINE、楽天なども本気を出して取り組んでいるキャッシュレス化、実店舗でのモバイル決済への動きです。
政府が、2019年後半の消費税率の10%へのアップと同時にキャッシュレス化を後押ししようとしていることもあって、
各社の激しいシェア獲得競争は、来年以降、益々激化するのではないかと予想されます。
この影響が、既に世の中に存在するポイントカードやプリペイドカード、百貨店さんのハウスカードなどに及ぶのでは、といった指摘は、
既に有識者の方々がなさっておられます。
ウィチャットペイとアリペイの2強が席巻するような状況に、日本もいずれなっていくのか、それとも、多数が乱立する状況のまま進むのか、まだ何とも言い難いところがありますが、
QRコードを読み取らせるタイプのモバイル決済は、自分でも簡単に行えると思いますので、
セルフレジへの組み込みは容易なのではないかという気が致します。
慣れてくれば、現金投入→釣り銭受け取り→レシート受け取り、という作業よりははるかに早く出来るように思いますので、
ますますレジ待ち行列の解消にはつながるかな、と。
この動きは、ファッション業界周りだと、お財布を作っておられる革小物のメーカーや問屋さんに与える影響がとても大きいです。
また、金銭管理や投資などに関して、子ども達への教育、大人への再教育も必要になってくると思います。
消えるビジネスもあれば、新たに生まれるビジネスもあるように思いますので、この変化をピンチではなくチャンスととらえて頑張っていきたいものですね!

2018年12月 2日 (日)

ワークマンプラスの真価が問われるのは春夏か

今日は、外出したついでに、作業服のSPA企業ワークマンさんが、カジュアルウェアの分野に進出したということで話題を読んでいるワークマンプラスの2号店川崎中野島店に行ってきました。

このお店は、ららぽーとのようなショッピングセンターのインショップではなく、ロードサイドにある路面店で、

店内の半分は従来型の作業服や作業靴などが置かれており、残り半分がカジュアルで機能性の高い防寒着やインナー、帽子、手袋、靴下など、プラスされた新商品、といった体裁になっていました。

メディアで色々取り上げられているからだと思いますが、通常のワークショップと呼ばれる作業服の小売店よりは、はるかに店内のお客様の数は多く、カップルや親子連れも2割程度はおられました。

ただ、残念なことに、レディスや子ども向けの商品は、ほとんどない(1つの区画のみ)という状態で、路面以上にSC内のショップさんでは「私達が買える物も置いてほしい」というお声が沢山出ているのではないかという気がいたします。

こちらのお店、今のような冬場が、最も強みを発揮する時期なのではないか、というのが、売り場と商品を見た感想です。寒い戸外の工事現場でも着られるような高機能な防寒着が、ワークウェア=長く定番で売れるから安く提供されている、ということになると、この点は一般のお客様にとっても魅力が大きいので。

例えば、スポーツをする人、仕事で外回りをする人、ウォーキングをする人などなど、ユニクロよりももっとぬくぬく、丈夫で高機能な防寒着を買いたい方は、結構いらっしゃると思うんですよね。

その一方で、ワークマンプラスにとっての課題は、春夏シーズンではないかと私は思っています。

ユニクロさんも秋冬に比べて春夏には大ヒットがあまり出ていませんが、春夏物に関して、わざわざワークマンプラスで買いたくなるような商品を作れるかどうか...。

3月以降、どのような商品が売り場に投入されるのか、大いに注目したいと思います。

今後、ワークマンプラスにお買い物に行かれる皆様へのアドバイスとしては、カジュアルのコーナーだけでなく、従来型の作業着などを置いてあるコーナーもよくご覧頂きたいなということです。

そちらにも、結構掘り出し物は色々ございますので。

私は、本日は、不織布マスク100枚入り税込み780円と、フェイスタオル1枚税込み98円(980円ではないですよ、98円です!)をゲットしました。

50枚入りの台所用使い捨て手袋や、エプロン、メンズの大きいサイズの靴下なんかもございましたが、こういった業務用にガンガン使える商品をうまく生活に取り入れていくとよいんじゃないかという気が致します。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »