最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月20日 (日)

QVCジャパンが24時間生放送を行わない日を開始

通販新聞さんのサイトの記事によると、

今年1月から、QVCジャパンさんが、24時間生放送を行わない日を設け、その日は深夜から早朝までの時間帯は録画放送で対応しておられるとのことです。

深夜の生放送は、出演者、スタッフの負担が大きいですからね。

「深夜の通販番組は、見ていると思わず買いたくなる」といった話を耳にしたりもしますが、

そもそもの視聴者数が少ないので、成約率、購入単価とのかけ算と、コストの問題を勘案して、

本当に生放送がベストな選択なのか、再考される余地は大いにあるのではないかという気が致します。

通販新聞さんには、「4K放送に伴う設備投資などのコスト負担が一因となっているのでは」とも書かれていますが、QVCジャパンさん自身のコメントではないようなので、続報を期待したいと思います。

2019年1月14日 (月)

セロテープの端を折り込んでくれた「レリアン」のスタッフさん

冬のセールの時は、1点くらいは(自分にとっては)高くても良い商品を買いたい、と思って、ここ数年は、いつもあれこれネットで物色してから店頭に足を運んでいます。

今年は、某百貨店のインショップの「レリアン」でパンツを購入したんですが、ちょっと嬉しいことがありました。

こちらのショップスタッフの方は、ショッパー(手提げ袋)の上部をセロテープで貼る時に、単純にべたっと貼るのではなく、端を折り込んでくれていたんですよね。

こうして下さっていると、自宅に帰ってから、テープを綺麗にさっとはがせるので、ショッパーの再利用がしやすくなります。

私は不器用なので、テープはがしによく失敗してしまうんですよね。小さなことのようですが、とても助かりました。

ネットショップさんが、梱包の際に、ガムテープの端を同じようにして下さっている場合もたまにあるんですが、

こちらの場合は、無理矢理ガムテープをはがそうとして爪が傷つくことがないので、やはり有難く感じています。

こういう、「ちょっとした気遣い」「お客様への思いやり」があるお店には、ファンがついていくはず。年初から、気持ちのよいお買い物体験が出来ました^^

2019年1月 6日 (日)

謹賀新年2019

明けましておめでとうございます。

本日が、2019年の「ブログ初め」となります。

今年は、前半は祝賀ムード、後半はオリンピックに向かって更に右肩上がりに...と行きたいところなのですが、

消費税が8%から10%に増税ということもあり、モノを作ったり売ったりしている企業さんやクリエーターの方々にとっては、先行きはあまり楽観視できない、というのが実情かと思います。

年末から今日までの間、メルカリでの売買に励んでいた、という皆様は、ファッション関連業界の中にも数多くいらっしゃるはず。

消費者、生活者のECへの熱量の方が、へたなプロのB2Cサイトの運営者を上回っている時代ではないかという気が致します。

一方で、キャッシュレス社会への移行が本格化することで、お金の意味、お金に対する考え方の変化も進んでいくのではないかという風に思います。

お客様に信頼され、お客様から尊敬される企業になること、お客様とのつながりを築いていくことが、ますます大切になってくるのではないでしょうか。

(私見ですが、中小・個人の方々の場合も、ECだけを手掛けるのではなく、1店舗でもよいのでリアルの拠点を持っている方がやりやすいだろうと思います)。

売上高よりも収益重視で、自分(と自分の仲間達)を信じて、自分(と自分の仲間達)を大切にしながら、楽しくやっていきたいですね!

私自身も、時代の変化を見据えて、新しいことにチャレンジしていきます。

このブログも、ゆるく更新して参ります。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »