最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

2017年11月26日 (日)

ファッション業界の2大イシューに立ち向かうスタートゥデイの「ZOZO」「ZOZOSUIT」

2017年もあと1か月余りですが、今年の日本のファッション業界のニュースで恐らくはトップランクに位置づけられるだろうと思われるインパクトのある発表が先週ございました↓↓↓


「ゾゾスーツ」で測定されたサイズデータは、PB「ゾゾ」(これは、カスタムオーダーのD2Cモデルでの展開になるのかも?)で活用されるだけでなく、ECサイト「ゾゾタウン」で取り扱われている既存ブランドでサイズ感が合うもののレコメンドにも利用されていくのではないかと思います。

「ゾゾタウン」は、複数の有力なファッションECモールやセレクトショップの自社ECサイトなどで導入されている「バーチャサイズ」を導入していませんでしたが、外部ベンチャーの技術を取り入れることで一気にそれ以上に精度の高いサイズ問題の解決法を編み出した、ということでしょうか。

イシューに正面から立ち向かい、これを解決した企業は、多くの消費者の支持を得て、グローバル企業として巨大な成長を成し遂げることが出来る、ということは、過去の歴史を振り返っても明らかだと思います。

かつてのイシューだった、「お金をあまり持っていない人は、流行のファッションが楽しめないのか?」という問題を解決したファストファッション企業の「ザラ」や「H&M」は、世界的な大企業になりました。

現在のファッション業界のイシューは、消費者の立場から見ると「サイズ問題」、生産者及び販売側の立場から見ると「在庫問題」ですが、スタートトゥデイさんは、この2大イシューの解決に立ち向かおうとしているのではないかという風に見えます。

問題の存在に気づいていたとしても、誰にでもは出来ないチャレンジだと思います。日本以上にサイズのばらつきが大きい海外も含め、スタートトゥデイさんのこの試みの成功が待ち遠しいお客様は多いはず。

「ゾゾスーツ」が自宅に届くのが、非常に楽しみです!ぜひ、成功させてほしいですね!

2017年10月29日 (日)

NYのアイウェア通販ブランド「ワービーパーカー」がハロウィンコスチュームのアドバイスサービスを実施

ネットサーフィンをしていて、イケてる楽しいサービスを発見!

NY発のアイウェア通販ブランド(今風の言い方をすると、D2Cブランド、ということになると思いますが)「ワービーパーカー(Warby Parker)」のブログに、

ハロウィンに向けて、どんなコスチュームを身に着けたらよいか迷っている人に向けて、ワービーパーカーのコスチュームカウンシルが2つのサービスを展開している、という趣旨のことが書かれていました。

1つは、同社の本社を訪問すれば、リアルでのアドバイスを行う、ということ、

もう1つは、スマートフォンでのチャットボットでの解答。絵文字で質問を行う、というところも、ユニークですね。

もちろん、これは、シャレ、というか、お遊びだと思うんですが、「一緒にハロウィンを思いっきり楽しみましょう」、というメッセージを出すことで、「ワービーパーカー」さんのファンのテンションを上げ、ますますブランドのファンになってもらえる、という効果があると思います。

仮に、そんなに沢山の人が反応してくれなかったとしても、そんなにコストがかかるわけではないので、全く以て問題ないですしね。こういう楽しい思いつきは、すぐにやって見ることが大切だという気がします。

2017年9月18日 (月)

ゾゾタウン(ZOZOTOWN)でもランドセル売ってます

さっき気づいたんですが、
最近は、新入学前の子どもさんのためにご両親やおじいちゃんおばあちゃんなどが良いランドセルを探して買い求めようとする活動のことを「ラン活」というらしく、
土屋鞄製作所さんなど、人気サイトではあっという間に高額の型番が予約完売してしまったり、
イトーヨーカ堂さん、イオンさんなどの大手量販店さんなどでは、かなり早い時期からランドセルの展開が始まって、大々的に宣伝されたりしているようですが、
いつも買い慣れたECの売り場で買う、という方は、当然おられると思います。
イマドキのランドセルは、10万円以上のものもあるようなので、こちらの商品はまだ安い方の部類に入るのでは、と思います。
もっと安く買いたい人は、ニトリさんへ、ということになるのでしょうか。

2017年9月 3日 (日)

オール3ドルのネットショップ「Brandless(ブランドレス)」

久しぶりに「100SHIKI」さんの投稿を見ていたら、



販売されている商品が全て3ドル均一、というのは、

日本の100均(100円ショップ)とか、パルグループさんの「スリーコインズ」などのコンセプトに似ておりますが、

実店舗が先なのではなく、ネット発、というところが、アメリカらしいです。

ひょっとしたら逆に、「Brandless」さんの方が、日本の前述した業態などからヒントを得てサイトを立ち上げたのかもしれないですね。

2017年8月20日 (日)

ブラザー工業のネットショップ用感熱ラベルプリンター

ネットサーフィンしていて偶然に見つけました。ブラザー工業さんが、感熱ラベルプリンターをネットショップ向けにPRしておられるページです↓↓↓


運送会社さんの送り状以外のものをプリントして貼りたい方には便利ですね。タックシールではなく、感熱ラベルなので使い易くコストも低いと思います。

プロジェクターなどもそうなんですが、これまで業務用仕様で大型だったものを小型にして価格も買いやすくすると、

小さなお店、そして、個人にも普及していける機器類は他にもあるのではないかと思います。

プロと個人の境界がなくなっている時代、中古品の流通も含めて、ビジネスチャンスはいろいろあるはずですよね!

2017年7月 9日 (日)

アメリカの大きいサイズのレディースファッションECサイト「Universal Standard」

ネットサーフィンしていて、アメリカの大きいサイズのレディースファッションECサイト「Universal Standard」を見つけました↓↓↓


サイズ展開が10から28までと、非常に幅広いですし、

大きなサイズのアパレルでありながら、一部ウエストをシェイプして見せるシルエットのお洋服も含む、コンテンポラリーで都会的なスタイルが提案されているのが、日本人の目から見ると非常に目新しいですね。

アクセサリーの取扱いもあるのが、Goodです。

日本では、イレギュラーなサイズのファッションのバリエーションが乏しい国ですが、どんなサイズの人であっても自分が好きになれるような、自分の魅力を存分にアピールできるような多様なファッションがもっともっと出て来てもよいのではないかと思います。

2017年6月21日 (水)

Amazon.comがプライム会員向けに「Amazon Prime Wardrobe」をスタート

世界は踊るよ、アマゾン中心に。

Amazon.comさんが、プライム会員向けに、新サービス「Amazon Prime Wardrobe」をスタートしたみたいですね。

テッククランチさんにも早速記事が載っていました)。

Stich Fixさんとか、オンラインファッションレンタルサービスに似ておりますが、

何せ100万点以上の洋服や靴、バッグなどのファッション商品の中から選べる、というのが、ケタ違いのスケールです。

ファッションに関しては、日本でアマゾンさんに対抗出来るのはゾゾタウンさんくらいでしょうか。

おトク感と便利さに関しては実店舗が太刀打ちするのは相当に困難ですね。

2017年6月11日 (日)

墨田区のパン屋さんがミンネで頑張っていました

昨年4月から、食品の販売も開始した、国内のC2Cハンドメイドマーケット大手のミンネ。


かなり掲載点数も増えてきたな、と思って、先程ランキングを見てみたら、食品部門の第一位は、墨田区内の方(パン屋 トロワさん)でした。

自分でECサイトを開設するよりは、集客の労なくして、知名度のアップと、広い地域のお客様にお買い上げ頂くことにつながる、よいやり方だと思います。

人に先んじて始められた、ということが、素晴らしいですね。

世の中インスタ、インスタという風潮になっていますが、やり方はひとつではない、ということです。

墨田区の北の方に実店舗をお持ちのようなので、今度その辺りに行くことがあったら、寄ってみたいなと思います。

続きを読む "墨田区のパン屋さんがミンネで頑張っていました" »

2017年6月 4日 (日)

<6/14>(水)午後、(株)エスプール様による米国アマゾン進出セミナー&平和島物流倉庫の見学会を開きます

またまた宣伝ですみませんが、

私が勤めている会社・国際ファッションセンター(株)が主催するKFCオンラインショップ勉強会の10周年記念企画の第二弾として、

(株)エスプール様のご協力により、

6月14日(水)午後2時〜5時半に、「米国アマゾン進出セミナー&平和島共同配送センター見学会」を開きます。

先週金曜日の夜、会社を出る時には空き席は3席でした。参加費は無料(移動の交通費実費のみ各自負担)です。

EC物流の現場を生でご覧頂けるまたとないチャンスです。KFCオンラインショップ勉強会の会員外の方もご参加頂けますので、よかったらぜひ、こちらのURLからお申し込み下さい。

2017年5月15日 (月)

【参加費無料】<5/24>KFCオンラインショップ勉強会10周年記念パネルディスカッションを開きます

ちょこっと宣伝させて下さい。

私が勤めている会社、東京・両国の国際ファッションセンター(株)が主催するKFCオンラインショップ勉強会が、現在10周年を迎えております。
来る5月24日(水)午後6時半より、(地独法)東京都立産業技術センター墨田支所セミナー室(国際ファッションセンタービル12F)にて開催します。
受講料は、無料です。
大手が本腰を入れるようになり、年々競争が激化するEC業界。スマホファースト、フリマアプリ「メルカリ」の影響力アップ、新しいSNSの登場、物流問題の浮上等々、変化の激しいEC業界にあって、
着実に成果を上げている中小企業の代表及びEC担当者2名によるお話は、聞き応えがあると思います。
まだ空き席がございますので、ご関心のある方はぜひ、国際ファッションセンター(株)のセミナーお申し込みフォーム上からお申し込み下さい。皆様のお越しを、心よりお待ちしております!

より以前の記事一覧