最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

2017年10月15日 (日)

行きたかったなぁ、QVCジャパンのリアルイベント「QVC DAY」

TVショッピングのQVCジャパンさん主催の、こんなイベントが、開催されていたんですね↓↓↓


TV通販でしか売られていないブランドを、実際手にとって見られるよいチャンスですし、

TV通販は、メディアであるという側面もあるので、いつもTVの向こう側にいる出演者の方々の生のトークが聞ける、というのも、ファンにとっては嬉しい機会ですよね。

頻度高く購入して下さっているファンとの触れ合いと、新しいお客様へのリーチと認知度アップ。どちらに重点を置くにせよ、意味はあると思います。

次回また開催されることがあったら、ぜひ出かけてみたいと思います。

2012年12月17日 (月)

QVCジャパンから池田ノブオ氏のブランド「アウリクラ(AURICULA)」がデビュー

先程ネットサーフィンしていて気がついたんですが、

TV通販大手のQVCジャパンさんの番組で、

デザイナー、池田ノブオ氏の新ブランド「アウリクラ(AURICULA)」が発売されるみたいです。

池田ノブオ氏と言えば、

「MILK BOY」、「PERSONS」(「パーソンズ」が、私は大好きでした!)や、子供服の「MINI K BY NOBUO IKEDA」など、

80年代のDCブームを牽引した立役者のお一人です。

TVショッピングのメインターゲットである50代の女性にとっては非常に懐かしく、なおかつネームバリューもある方ですが、

単なる話題性とか、郷愁をそそられる、といったことではなく、

ホームページを見る限りでは、「アウリクラ」の商品自体が、非常に魅力的ですよね!

気持ちを明るくしてくれるようなビビッドカラーのプリント、その1枚1枚が、手の込んだ、オリジナリティのある色柄で、なおかつ、ワンピースのデザインとも一体となって大人の女性の体型を美しく見せる工夫が施されています。

米国QVCへの登場がきっかけとなって見事に蘇ったダイアン・フォン・ファーステンバーグ氏のように、QVCジャパンから池田ノブオ氏の名が再び日本のファッション業界に轟くかも、という予感が致します。

昔、「パーソンズ」から装うことの楽しさと元気をもらっていた日々のことを思い出し、非常にうれしくなりました。いちファンとして、「アウリクラ」には、ぜひ頑張っていい商品を作っていって頂きたいなと思っています。

2011年10月 4日 (火)

「マークバイマークジェイコブス」on ショップチャンネル

今夜(というか、12時回ってしまったので、もう昨日ですか)、

人気ブランド「マークバイマークジェイコブス(Marc by Marc Jacobs)」さんが

TV通販のショップチャンネルさんに登場していたようです。

そういえば、

ファーストブランドの「マークジェイコブス」さんの方が

昨年12月にショップチャンネルさんに登場した時は、

「世界初」とのことでかなり話題になっていたように記憶しているんですが、

「マークバイマークジェイコブス」さんは、一体いつからTV通販及びショップチャンネルさんで販売されるようになったんでしょうか?

いずれにしても、最近は、他にもリアルでも人気のある価格帯の高いブランドさんが続々とTV通販で販売されておりますので、

ディフュージョンブランドの販売くらいだと、もう珍しくも何ともないんでしょうね。

今、ショップチャンネルさんのネット通販サイトを拝見したところ、

革物のバッグ、雑材のバッグ、ポーチ、香水、ジュエリー、時計など、

様々なアイテムが販売されていたのだということがわかりました。

この中で、10月4日(火)午前0時30分の時点で

(色違い等を含めて全て)「完売」していたのは

「マークジェイコブス オーソー フレッシュ オードトワレ」のみで、

「残りわずか」になっているのが

「マーク バイ マーク ジェイコブス 牛革 2ウェイ トートバッグ」と

「マーク バイ マーク ジェイコブス ウール プリントスカーフ」の2アイテムです。

この販売結果をどう見るか、興味深いところですね。